ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

モデル カバレッジ

"モデル カバレッジ" は、モデル オブジェクトのテストの達成度を測定してモデル テストを検証する機能です。モデル カバレッジでは、モデル全体でモデル テスト ケースがシミュレーション経路をどの程度実行しているかが計算されます。これはテスト ケースがモデルのテストをどの程度できているかを示す測定値で、テスト ケースの進捗率として表されます。

モデル カバレッジを使用すると、モデル内のシミュレーション経路を直接的または間接的に決定する次の種類のモデル オブジェクトの実行を解析できます。

  • Simulink® ブロック

  • Model ブロックで参照されているモデル

  • Stateflow® チャートのステートと遷移

このツールは、シミュレーションの実行中に、カバレッジ対象のオブジェクト、ステート、遷移の動作を記録します。シミュレーションの終了時には、シミュレーション経路のうちどの程度が実行されているかがモデル内のカバレッジ対象のオブジェクトごとにレポートされます。

Simulink Coverage™ ソフトウェアは、シミュレーション モードが [ノーマル][SIL][PIL] のいずれかに設定されているモデルでのみ、モデル カバレッジを収集できます。シミュレーション モードがその他のモードに設定されている場合、シミュレーション中にモデル カバレッジは測定されません。

モデル カバレッジで測定されるカバレッジの種類については、モデル カバレッジの種類を参照してください。モデル カバレッジ レポートの例については、最上位モデル カバレッジ レポートを参照してください。

Embedded Coder® ライセンスをお持ちの場合は、ソフトウェアインザループ (SIL) モードまたはプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルから生成されたコードのコード カバレッジも測定できます。コード カバレッジで測定されるカバレッジの種類については、コード カバレッジの種類を参照してください。コード カバレッジを有効にする方法の例については、ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジを参照してください。