Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カバレッジの対象とならないモデル オブジェクト

Simulink® Coverage™ ソフトウェアでは、カバレッジの対象となるモデル オブジェクトに記載されていないブロックの判定、条件または MCDC カバレッジは記録されません。

メモ

モデル カバレッジが記録されるのは、[シミュレーション モード] パラメーターが [ノーマル] に設定されている場合のみです。Embedded Coder® がインストールされている場合は、SIL モードまたは PIL モードのモデルから生成されたコードのカバレッジを測定できます。詳細については、ソフトウェアインザループ (SIL) モードおよびプロセッサインザループ (PIL) モードのモデルのコード カバレッジを参照してください。

次の表は、特定の条件下でカバレッジの対象とならないモデル オブジェクトの一覧です。

モデル オブジェクトカバレッジの対象とならない条件

Logical Operator ブロック

[演算子] パラメーターが [XOR] または [NXOR] に指定され、かつ 12 個を超えるスカラー入力があるかベクトル入力に 12 個を超える要素がある場合。

Model ブロック

[シミュレーション モード] パラメーターが [アクセラレータ] に設定されている場合。

Model ブロックのカバレッジは、参照モデルの内容のカバレッジ データの合計です。

保護された Model ブロックカバレッジ情報は保護された Model ブロックには提供されません。モデルの保護 (Simulink Coder)も参照してください。

Subsystem ブロック

[読み取り/書き込みアクセス許可] パラメーターが [NoReadOrWrite] に設定されている場合。

Stateflow® チャート

MATLAB Function ブロック

デバッグ/アニメーションがモデルまたはオブジェクトで有効になっていない場合。

バーチャル ブロック

バーチャル ブロックはモデル カバレッジの対象となりません。詳細については、非バーチャル ブロックとバーチャル ブロックを参照してください。