Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーション時に離散化した連続時間モデルの線形システムの可視化

以下の例では、シミュレーション時に連続時間モデルを離散化し、モデルの離散化された線形動作をプロットする方法を説明します。

  1. Simulink® モデルを開きます。

    scdcstr

    このモデルでは既に、Bode Plot ブロックに以下が設定されています。

    • 入力ポイント (冷却水温度入力 Coolant Temp において)。

    • 出力ポイント (残留濃度出力 CA において)。

    • 外部トリガーの立ち上がりエッジでモデルを線形化するための設定。このトリガー信号は、モデル内の Linearization trigger signal ブロックでモデル化されます。

    • MATLAB® ワークスペースに計算された線形システムを LinearReactor として保存。

    これらのコンフィギュレーションを表示するには、そのブロックをダブルクリックします。

    ブロック パラメーターの詳細は、ブロックのリファレンス ページを参照してください。

  2. 離散時間線形システムを計算するためのサンプル時間を指定します。

    1. [アルゴリズム オプション] の隣の をクリックします。

      オプションが展開して線形化アルゴリズムのオプションが表示されます。

    2. [線形システムのサンプル時間] フィールドにサンプル時間として 2 を指定します。

    このオプションの詳細は、ブロックのリファレンス ページを参照してください。

  3. [プロットの表示] をクリックして空の [ボード線図] ウィンドウを表示します。

  4. プロット ウィンドウの をクリックして、ボード線図のゲイン線図と位相線図をプロットします。

    シミュレーション時、ソフトウェアは次の処理を実行します。

    • 立ち上がりエッジの発生時にモデルを線形化します。

    • 連続時間モデルを、サンプル時間が 2 の離散時間線形モデルに変換します。この変換では、既定の [ゼロ次ホールド] メソッドを使用してサンプル時間の変換を実行します。

      [ボード線図] ウィンドウに離散時間の線形動作がプロットされます。シミュレーションが完了したら、プロット ウィンドウは次の図のようになります。

    指定されたサンプル時間を使用して計算された、ナイキスト周波数までのボード線図のゲイン線図と位相線図が表示されます。プロットに示されている縦線はナイキスト周波数を表します。

関連するトピック