Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

むだ時間をもつプラントの補償器設計

むだ時間をもつプラントの補償器は、Simulink® Control Design™ ソフトウェアを使用して設計できます。Simulink から開いた場合、制御システム デザイナーはプラントの線形モデルを作成します。このモデル内では、パデ近似か正確な遅延のいずれかを使用してむだ時間を表現できます。

むだ時間をパデ近似を使って表現するには、[ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで、遅延のある各 Simulink ブロックにパデ次数を指定します。

ブロックのパデ次数を指定しない場合、制御システム デザイナーは可能であれば正確な遅延を既定で使用します。

ただし、次の設計法およびプロットは、正確なむだ時間をもつシステムをサポートしていません。

  • 根軌跡プロット

  • 極-零点配置図

  • PID 自動調整

  • IMC 自動調整

  • LQG 自動調整

  • ループ整形の自動調整

これらの設計法とプロットについては、既定のパデ次数を使って、モデル内のすべての正確な遅延のパデ近似が自動的に計算されます。

既定の次数を指定するには、制御システム デザイナーで、[Control System] タブの [基本設定] をクリックします。

[制御システム デザイナー 基本設定] ダイアログ ボックスにある [むだ時間] タブで、次のいずれかを指定します。

  • パデ次数 — 特定のパデ次数。

  • 精度の帯域幅 — 近似された応答が正確な応答に一致する最大周波数。対応するパデ次数がアプリにより計算され、表示されます。

制御システム デザイナーを使用した補償器の設計の詳細については、制御システム デザイナーの調整法を参照してください。

参考

関連するトピック