Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

slmetric.dashboard.Widget クラス

名前空間: slmetric.dashboard

実際の再利用/可能な再利用、システム インターフェイス、またはシステム情報ウィジェットを保持するオブジェクト

説明

メトリクス ダッシュボードで、slmetric.dashboard.Widget オブジェクトを追加、削除、または変更できます。slmetric.dashboard.Widget オブジェクトのタイプは、[実際の再利用]/[可能な再利用][システム インターフェイス]、または [システム情報] ウィジェットです。

作成

slmetric.dashboard.Layoutslmetric.dashboard.Container、または slmetric.dashboard.Group オブジェクトに対して、addWidget メソッドまたは removeWidget メソッドを使用してメトリクス ダッシュボードで slmetric.dashboard.Widget オブジェクトを追加または削除します。

メトリクス ダッシュボード レイアウトは同じサイズの 12 列に分割されます。slmetric.dashboard.Widget メソッドを使用して、ウィジェットのサイズを指定します。

プロパティ

すべて展開する

既定では、LibraryReuse ウィジェットのタイトルは Library Reuse で、SystemInfo ウィジェットのタイトルは空白で、GlocalInterface ウィジェットのタイトルは System Interface です。このプロパティは読み取りと書き込みが可能です。

データ型: char

メトリクス ダッシュボードで追加、削除、または変更する slmetric.dashboard.Widget オブジェクトのタイプ。このプロパティは読み取り専用です。

データ型: char

メソッド

getHeight(To be removed) Obtain height of Metrics Dashboard widget
getMetricIDs(To be removed) Obtain metric identifier for Metrics Dashboard widget
getPosition(To be removed) Obtain widget position within Metrics Dashboard
getSeparators(To be removed) Determine whether there are lines on sides of Metrics Dashboard widget
getWidths(To be removed) Obtain widths of Metrics Dashboard widget
setHeight(To be removed) Specify height of Metrics Dashboard widget
setPosition(To be removed) Set widget position within Metrics Dashboard
setSeparators メトリクス ダッシュボードのウィジェットの辺にラインを指定する
setWidths(To be removed) Specify multiple widths for Metrics Dashboard widget

すべて折りたたむ

slmetric.dashboard.Widget オブジェクトの 3 つのタイプをもつメトリクス ダッシュボードを作成します。

以下を入力してモデル vdp を開きます。

openExample('simulink_general/VanDerPolOscillatorExample')

まず、新しい slmetric.dashboard.Configuration オブジェクトを作成します。

config = slmetric.dashboard.Configuration.new('Name','default');

slmetric.dashboard.Layout オブジェクトを slmetric.dashboard.Configuration オブジェクトから取得します。

layout = getDashboardLayout(config);

3 つの slmetric.dashboard.Widget オブジェクトを slmetric.dashboard.Layout オブジェクトに追加します。

addWidget(layout,'LibraryReuse');
addWidget(layout,'SystemInfo');
addWidget(layout,'GlocalInterface');

構成オブジェクトを保存します。以下のコマンドは、API 情報を XML ファイルにシリアル化します。

save(config,'FileName','DashboardConfig.xml');

アクティブな構成を設定します。

slmetric.dashboard.setActiveConfiguration(fullfile(pwd,'DashboardConfig.xml'));

モデル vdp のメトリクス ダッシュボードを開きます。

metricsdashboard vdp

メトリクス ダッシュボードには、3 つの slmetric.dashboard.Widget オブジェクトが含まれます。

[すべてのメトリクス] ボタンをクリックしてすべてのメトリクスを実行します。

バージョン履歴

R2018b で導入