Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

メトリクス ダッシュボードを使用したモデル メトリクス データの収集

モデル メトリクス データを収集してモデルの設計のステータスと品質を評価するには、メトリクス ダッシュボードを使用します。メトリクス ダッシュボードには、モデルのサイズ、アーキテクチャおよびガイドラインへの準拠性が表示されます。

  1. sldemo_fuelsys モデルの最上位レベルに戻ります。

  2. [アプリ] タブで、[メトリクス ダッシュボード] をクリックしてメトリクス ダッシュボードを開きます。

  3. このモデルのメトリクス データを収集するには、[すべてのメトリクス] アイコンをクリックします。

メトリクス データの解析

メトリクス ダッシュボードにはウィジェットが含まれており、サイズ、モデリング ガイドラインの準拠、アーキテクチャの各カテゴリのメトリクス データが可視化されます。一部のウィジェットには、既定でメトリクスのしきい値が含まれています。これらの値は、メトリクス データが準拠か (ウィジェットに緑で表示されます)、または警告が発生しているか (ウィジェットに黄色で表示されます) を指定します。しきい値をもたないメトリクスは青で表示されます。非準拠範囲を指定したり、しきい値を変更したりするための関数とクラスが用意されています。

ダッシュボードの [アーキテクチャ] セクションで、[モデルの複雑度] ウィジェットを見つけます。ツールヒントを表示するには、それぞれの縦棒の上にマウスをポイントします。このウィジェットは、モデルの階層構造内のコンポーネントをまたがった複雑度の分布を視覚的に表現したものです。複雑度の範囲ごとに、色分けされたバーが、その範囲に含まれるコンポーネントの数を示します。緑色が濃いほどコンポーネント数が多いことを示します。この場合は、循環的複雑度の値をもつ複数のコンポーネントが最も低い範囲に入っていて、1 つだけ複雑度の高いコンポーネントがあります。このコンポーネントの循環的複雑度は 30 を超えています。循環的複雑度が 30 を超えるコンポーネントは警告を返します。詳細については、Cyclomatic complexity metricを参照してください。

メトリクス データの確認

メトリクス データを詳細に確認するには、個々のメトリクス ウィジェットをクリックします。選択したメトリクスに関して、モデルのコンポーネント レベルの値、集計値および測定値 (該当する場合) がテーブルに表示されます。ダッシュボードのこのテーブルから、データ ソースへのトレーサビリティとハイパーリンクを使用して、詳細な結果を確認できます。

モデル、サブシステムおよびチャート レベルでモデルの複雑度の詳細を解析するには、[モデルの複雑度] ウィジェット内のバーをクリックします。この例では、control_logic チャートの循環的複雑度の値は 51 であり、警告範囲内であるため黄色となっています。

このコンポーネントをモデルで確認するには、control_logic ハイパーリンクをクリックします。

メトリクス データに基づくモデルのリファクタリング

ダッシュボードを使用して、品質標準を満たすためにどのコンポーネントを変更すべきかを決定した後、モデルをリファクタリングできます。たとえば、ロジックを Atomic サブチャートに移動してそのコンポーネントの複雑度を低減することで、control_logic チャートをリファクタリングできます。

次に、[モデリング ガイドラインの準拠] ウィジェットを使用して高信頼性モデル アドバイザー チェックに関連する問題を修正します。