Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

モデル品質の評価と検証

Simulink® Check™ 製品では、標準やガイドラインへの違反を特定する、業界認定のチェックおよびメトリクスを使用できます。サポートされる信頼性の高いソフトウェア開発標準には、DO-178、ISO 26262、IEC 61508、IEC 62304、ISO 25119 および MathWorks Advisory Board (MAAB) スタイル ガイドラインが含まれます。編集時のチェックを使用して、モデルの開発を進めながら準拠問題を特定します。そして、編集が完了したら、サイズ、アーキテクチャ、および準拠要件にモデルが準拠しているかどうかを評価するために、メトリクス ダッシュボードを実行します。メトリクス ダッシュボードには、メトリクス データを可視化するウィジェットが含まれます。詳細な結果を得るには、データの細部を見ていきます。

メトリクス ダッシュボードからモデル アドバイザーを起動すると、準拠問題を修正できます。モデルを自動的にリファクタリングしてコンポーネントの再利用性を向上することができるかどうかを判断するには、クローン検出器を起動します。

メトリクス ダッシュボードとモデル アドバイザーをカスタマイズするため、関数とクラスが用意されています。たとえば、独自のカスタム チェックを記述し、モデル アドバイザーの設定エディターを使用してカスタム コンフィギュレーションを作成できます。メトリクス ダッシュボードの関数とクラスを使用して、準拠メトリクス ウィジェットがカスタム コンフィギュレーションをポイントするように設定します。

このチュートリアルでは、以下のことを学習します。

  1. モデル アドバイザーの準拠問題に対処する。

  2. メトリクス ダッシュボードを実行してメトリクス データを取得し解析する。

  3. メトリクス ダッシュボードから MAB および高信頼性チェック項目違反に対処する。

  4. メトリクス ダッシュボードからクローン検出器アプリを起動し、モデルをリファクタリングしてコンポーネントの再利用性を向上させる。

チュートリアルの終わりに、詳細情報を提供するトピックへのリンクがあります。

チュートリアルを開始するには、モデル アドバイザーのチェック項目違反の検出と修正を参照してください。