Main Content

このページの内容は最新ではありません。最新版の英語を参照するには、ここをクリックします。

slmetric.dashboard.Layout クラス

名前空間: slmetric.dashboard

メトリクス ダッシュボードのカスタマイズを保持するオブジェクトを作成する

説明

ウィジェット オブジェクトの配列を保持するオブジェクト。slmetric.dashboard.Layout オブジェクト内のウィジェットのサイズ、タイプ、および場所により、メトリクス ダッシュボードの外観が決定されます。以下にウィジェット オブジェクトを示します。

  • slmetric.dashboard.Group

  • slmetric.dashboard.Container

  • slmetric.dashboard.Widget

  • slmetric.dashboard.CustomWidget

作成

slmetric.dashboard.Configuration オブジェクトに対して、getDashboardLayout メソッドを使用して slmetric.dashboard.Layout オブジェクトを作成します。このオブジェクトでウィジェットを追加または削除できます。メトリクス ダッシュボードでのこれらのウィジェットのサイズおよび場所を指定できます。指定が完了したら、slmetric.dashboard.Configuration.save メソッドを適用して構成を保存します。関数 slmetric.dashboard.setActiveConfiguration を使用してアクティブな構成を設定します。

メトリクス ダッシュボード レイアウトは同じサイズの 12 列に分割されます。ウィジェット オブジェクト メソッドを使用して、ウィジェットのサイズを指定します。

メソッド

addWidget(To be removed) Add widget to slmetric.dashboard.Layout object
getWidgets(To be removed) Obtain a list of widgets in an slmetric.dashboard.Layout object
removeWidget(To be removed) Remove widget from slmetric.dashboard.Layout object

すべて折りたたむ

メトリクス ダッシュボードおよびメトリクス API を使用して、モデル アドバイザー構成の準拠および問題のメトリクス データを取得します。モデル アドバイザー構成を設定するには、モデル アドバイザー構成エディターを使用したモデル アドバイザーのカスタマイズを参照してください。MISRA チェックなどの既存のチェック グループを使用することもできます。モデル アドバイザーの設定後、次の手順に従って、準拠および問題のメトリクス データを取得するチェック グループを指定します。

以下を入力してモデル vdp を開きます。

openExample('simulink_general/VanDerPolOscillatorExample')

既定の構成を開きます。

config = slmetric.config.Configuration.open()

該当するチェック グループに関連付けるメトリクス ファミリ ID を指定します。

famParamID = 'ModelAdvisorStandard';

チェック グループに対応するチェック グループ ID で構成された cell 配列を作成します。モデル アドバイザー構成エディターを開いて、チェック グループが含まれているフォルダーを選択して、チェック グループ ID を取得します。フォルダーには、[チェック グループ ID] パラメーターが含まれています。

values = {'maab', 'hisl_do178', '_SYSTEM_By Task_misra_c'};

上記の cell 配列は、MAB、高信頼性、および MISRA の各チェック グループを指定しています。値 maab および hisl_do178 は、MAB および高信頼性システム チェックのサブセットに対応しています。すべてのチェックを含めるには、モデル アドバイザー構成エディターから [チェック グループ ID] パラメーターの値を指定します。

構成を設定するには、cell 配列 valuessetMetricFamilyParameterValues メソッドに渡します。

setMetricFamilyParameterValues(config, famParamID, values);

[モデリング ガイドラインの準拠] セクションで [高信頼性] ダイヤル ウィジェットおよび [高信頼性] バー ウィジェットを、MISRA チェック グループの結果を使用するウィジェットに置換します。まず、メトリクス ダッシュボード レイアウトの既定の構成を開きます。

conf = slmetric.dashboard.Configuration.open();

slmetric.dashboard.Layout オブジェクトを slmetric.dashboard.Configuration オブジェクト conf から取得します。

layout = getDashboardLayout(conf);

レイアウト オブジェクト内のウィジェット オブジェクトを取得します。

layoutWidget = getWidgets(layout);

レイアウトから準拠グループを取得します。このグループには 2 つのコンテナーが含まれています。1 番目のコンテナーには、[高信頼性] ダイヤル ウィジェット、[MAB] ダイヤル ウィジェット、および [モデル アドバイザー チェックの問題] 棒グラフ ウィジェットが含まれています。[高信頼性] ダイヤル ウィジェットを削除します。

complianceGroup = layoutWidget(3);
complianceContainers = getWidgets(complianceGroup);
complianceContainerWidgets = getWidgets(complianceContainers(1));
complianceContainers(1).removeWidget(complianceContainerWidgets(1)); 
setMetricIDs(complianceContainerWidgets(1),...
({'mathworks.metrics.ModelAdvisorCompliance._SYSTEM_By Task_misra_c'}));
complianceContainerWidgets(1).Labels = {'MISRA'};

MISRA チェックの問題メトリクスを可視化するためのカスタム ウィジェットを complianceContainers slmetric.dashboard.Container オブジェクトに追加します。

misraWidget = complianceContainers(1).addWidget('Custom', 1); 
misraWidget.Title = ('MISRA'); 
misraWidget.VisualizationType = 'RadialGauge'; 
misraWidget.setMetricIDs('mathworks.metrics.ModelAdvisorCheckCompliance._SYSTEM_By Task_misra_c'); 
misraWidget.setWidths(slmetric.dashboard.Width.Medium);

構成オブジェクトを保存します。これらのコマンドは API 情報を XML ファイルにシリアル化します。

save(config,'FileName','MetricConfig.xml');
save(conf,'Filename','DashboardConfig.xml');

アクティブな構成を設定します。

slmetric.config.setActiveConfiguration(fullfile(pwd, 'MetricConfig.xml'));
slmetric.dashboard.setActiveConfiguration(fullfile(pwd, 'DashboardConfig.xml'));

モデル vdp のメトリクス ダッシュボードを開きます。

metricsdashboard vdp

[すべてのメトリクス] ボタンをクリックしてすべてのメトリクスを実行します。

バージョン履歴

R2018b で導入