Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ModelAdvisor.Check

カスタム モデル アドバイザー チェックの作成

説明

ModelAdvisor.Check クラスは、モデル アドバイザー チェックを作成します。

作成

説明

check_obj = ModelAdvisor.Check(check_ID) はチェック オブジェクト check_obj を作成し、それを一意の識別子 check_ID に割り当てます。モデル アドバイザー ツリーにチェックを表示するには、チェックが ModelAdvisor.Task または ModelAdvisor.Root オブジェクトと関連付けられている必要があります。

1 つの ModelAdvisor.Check オブジェクトを複数の ModelAdvisor.Task オブジェクトで使用できるため、モデル アドバイザー ツリーの複数の場所に同一のチェックを配置できます。たとえば、[暗黙的な信号の関連付けをチェック] は、モデル アドバイザー ツリーの [製品別][Simulink] フォルダーと、[タスク別][モデル参照] フォルダーに表示されます。

チェックをタスク定義に使用するときは、次のルールが適用されます。

  • チェック定義関数とタスク定義関数でチェックのプロパティを定義する場合、モデル アドバイザーは、タスク定義に含まれている情報のみを表示します。たとえば、ModelAdvisor.Task.DisplayName プロパティと ModelAdvisor.Check.Title プロパティを使用してチェック名を定義する場合、モデル アドバイザーは、ModelAdvisor.Task.DisplayName に与えられている情報を表示します。

  • チェック定義でチェックのプロパティを定義し、タスク定義では定義しない場合、タスクはチェック定義のプロパティを使用します。たとえば、ModelAdvisor.Check.Title プロパティを使用して、チェック定義関数でチェック名を定義し、タスク定義を使用してチェックを登録する場合、モデル アドバイザーは、ModelAdvisor.Check.Title に与えられている情報を表示します。

  • タスク定義関数でチェックのプロパティを定義し、チェック定義関数では定義しない場合、タスクをチェック定義ではなく、モデル アドバイザーで登録する場合にかぎり、モデル アドバイザーはその情報を表示します。たとえば、ModelAdvisor.Check.Title プロパティではなく、ModelAdvisor.Task.DisplayName プロパティを使用することで、タスク定義でチェック名を定義し、タスク定義を使用してチェックを登録する場合、モデル アドバイザーは、ModelAdvisor.Task.DisplayName に与えられている情報を表示します。

入力引数

すべて展開する

カスタム モデル アドバイザー チェックの一意の識別子。

プロパティ

CallbackContextSpecify when to run check
CallbackHandleCallback function handle for check
CallbackStyleCallback function type
EmitInputParametersToReportDisplay check input parameters in the Model Advisor report
EnableIndicate whether user can enable or disable check
ErrorSeveritySet severity of check failure
IDIdentifier for check
LicenseNameProduct license names required to display and run check
ResultResults cell array
ResultDetailsResult details in a cell array
SupportExclusionSet to support exclusions
SupportLibrarySet to support library models
TitleName of check
TitleTipsDescription of check
ValueStatus of check
VisibleIndicate to display or hide check

オブジェクト関数

getIDチェック識別子を返す
setActionチェックのアクションの指定
setCallbackFcnSpecify callback function for check
setInputParametersチェックの入力パラメーターの指定
setInputParametersLayoutGridSpecify layout grid for input parameters
setResultDetailsAssociates result details with a check object

バージョン履歴

R2008a で導入