Main Content

モデル アドバイザーの概要の構成のカスタマイズ

モデル アドバイザー API とモデル アドバイザーの設定エディターを使用して、モデル アドバイザーのコンフィギュレーションについて次のようなカスタマイズが可能です。

  • モデル アドバイザーで利用できる組み込み (出荷時) およびカスタムのモデル アドバイザー チェックと、その実行順序を定義する。

  • カスタム フォルダーを作成し、チェックを整理する。

  • モデル アドバイザーの既定の構成ファイルを指定する。

  • モデルに構成ファイルを関連付ける。

  • モデル アドバイザー構成の読み込み時に、欠けているチェックについての警告メッセージが表示されないようにする。

モデル アドバイザーをカスタマイズしてカスタム チェックとカスタム コンフィギュレーションを含めるには、次のタスクを実行します。

  1. (オプション) カスタマイズ ファイルでカスタム チェックを作成します。詳細については、モデル アドバイザー チェックの作成を参照してください。

  2. モデル アドバイザーの設定エディターを使用して、フォルダーとカスタムのモデル アドバイザー構成に含めるチェックを指定します。詳細については、モデル アドバイザーの設定エディターを使用したモデル アドバイザーのカスタマイズを参照してください。

  3. Simulink® 環境を更新し、モデル アドバイザーがコンフィギュレーション ファイルを使用するようにします。詳細については、カスタム コンフィギュレーションを読み込むための環境の更新を参照してください。

  4. モデル アドバイザーを開いて構成を読み込み、モデル アドバイザーで正しい構成が使用されており、チェックが利用できることを確認します。オプションで、モデルに構成を関連付けることができます。詳細については、Load and Associate a Custom Configuration with a Modelを参照してください。

  5. (オプション) カスタム コンフィギュレーションをユーザーに展開します。詳細については、カスタム コンフィギュレーションの配布を参照してください。

  6. モデルがモデリング ガイドラインに準拠していることを検証します。詳細については、モデル アドバイザー チェックの実行と結果の確認を参照してください。