Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プロジェクトの派生ファイルの使用

派生ファイルおよび一時ファイルは、プロジェクトまたはソース管理から除外することをお勧めします。[プロジェクト] タブで [チェックの実行][プロジェクトのチェック] を選択し、プロジェクトの整合性をチェックします。プロジェクトに slprj フォルダーを追加する場合、プロジェクトのチェックによりこのフォルダーをプロジェクトから削除するよう薦めるメッセージと、修正を促す選択肢とが表示されます。

.mex* などの派生ファイルや、slprj フォルダー、sccprj フォルダー、その他のコード生成フォルダーの内容は、問題発生の原因になる可能性があるので、ソース管理から除外することをお勧めします。以下に例を示します。

  • ファイルをロックできるソース管理を使用する場合、ユーザーは競合に遭遇する可能性があります。slprj がソース管理の下にあり、ユーザーがコードを生成した場合、slprj の下にあるほとんどのファイルは変更されて、ロックされます。他のユーザーは、ファイル許可エラーのためコードを生成できなくなります。slprj フォルダーは、コード生成によるシミュレーション (たとえば、モデル参照または Stateflow® の使用による) にも使用されるので、これらのファイルがロックされると、チームに影響を与える可能性があります。同様の問題が .mex* などのバイナリによって発生します。

  • 通常、slprj を削除する必要があります。ただし、slprj フォルダーがソース管理ツール (たとえば、SVN) の下位にある場合、このフォルダーの削除により "not a working copy" (作業用コピーではありません) エラーなどの問題を引き起こす可能性があります。

  • 生成されたコードをプロセスのアーティファクトとしてチェックインする場合、一部のファイルを slprj キャッシュ フォルダーから出してプロジェクトの一部である別の場所にコピーするのが一般的です。このようにすると、必要に応じて一時的なキャッシュ フォルダーを削除できます。packNGo (MATLAB Coder) を参照して生成コード ファイルのリストを確認し、プロジェクト API を使用してプロジェクトに適切なメタデータを追加します。

  • slprj フォルダーには、多数の小さなファイルが含まれる場合があります。これらの各ファイルが最新のものであることをチェックしなければならない場合、一部のソース管理ツールのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

参考

| (MATLAB Coder)

関連するトピック