Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

バリアント サブシステムのマスク

この例では、マスクされた Variant Subsystem ブロックを Simulink モデルで使用する方法を示します。右上隅にある [モデルを開く] ボタンをクリックして、関連するモデル例を表示します。このモデル例は、マスクされたライブラリ ブロックを参照します。

Variant Subsystem ブロックをマスクする場合、マスク ダイアログ ボックスでバリアントの選択を指定できます。マスク ダイアログ ボックスで指定したバリアントの選択は、下位の Variant Subsystem ブロックに適用されます。

マスクから Variant Subsystem ブロックにバリアントの選択を渡すには、set_param コマンドまたはパラメーター プロモーション オプションを使用します。

モデル例で説明している各ケースについて確認してみましょう。

  • ケース 1: マスク パラメーター プロモーション オプションを使用して、Variant Subsystem ブロックのパラメーターがマスクにプロモートされます。Variant Subsystem ブロックはマスク Subsystem ブロック内にラップされています。Variant Subsystem ブロックで初期化コード (set_param) を使用してバリアントの選択が定義され、パラメーター プロモーションを使用して Subsystem ブロックのマスクに渡されます。このプロモート済みパラメーターにマスク Subsystem ブロックで指定されたバリアントの選択が記録されます。

  • ケース 2: ポップアップ マスク パラメーターを使用して、最上位のマスク Subsystem ブロックで選択オプションが作成されます。このマスク Subsystem ブロックに Variant Subsystem ブロックが含まれています。Variant Subsystem ブロックで初期化コード (set_param) を使用してバリアントの選択が定義されます。マスク ダイアログ ボックスで指定したバリアントの選択の値 ([ポップアップ] パラメーター) が下位の Variant Subsystem ブロックに転送されて設定されます。

  • ケース 3: このケースは Case 2 と似ていますが、モデルに追加の Variant Subsystem ブロックの層があります。Subsystem ブロックの初期化コード (set_param) を使用してバリアント選択が定義されます。

  • ケース 4: パラメーターのプロモーションを使用して、親ブロックの選択がマスク Subsystem ブロックに記録されます。マスク Subsystem ブロックの中に、マスク Variant Subsystem ブロックが含まれます。Variant Subsystem ブロック マスクの初期化コード (set_param) は、Subsystem ブロック (MaskedSubsystem1) から渡されるパラメーターの値を設定します。