ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB Function ブロックへの列挙型入力、出力およびパラメーターの追加

列挙型の入力、出力およびパラメーターを MATLAB Function ブロックに追加する場合は、次のガイドラインに従います。

  • 入力の場合は、接続された Simulink® 信号の列挙型から型を継承するか、列挙型を明示的に指定します。

  • 出力の場合、列挙型を明示的に指定します。

  • 調整可能なパラメーターには、列挙型データを明示的に指定します。調整不可能なパラメーターのプロパティは、親 Simulink マスク サブシステム内の列挙型パラメーターに基づくか、MATLAB® ベース ワークスペース内で定義された列挙型変数に基づくようにします。

MATLAB Function ブロックに列挙型データを以下のように追加します。

  1. MATLAB Function ブロック エディターで、[データの編集] を選択します。

  2. [端子とデータの管理] で [追加][データ] を選択します。

  3. [名前] フィールドで、列挙型データの名前を入力します。

    パラメーターの場合、名前が列挙型マスク パラメーターまたはワークスペース変数名に一致しなければなりません。

  4. [データ型] フィールドでは、列挙型データを指定します。

    • 明示的な列挙型の場合は、[データ型][Enum:<class name>] に設定します。<class name> を MATLAB パス上にある MATLAB ファイル内に定義した列挙データ型の名前で置き換えます。

      列挙データ型は複素数値をサポートしないため、[実数/複素数] フィールドは表示されません。

    • 接続されている Simulink 信号 (入力のみ) から列挙型データを継承するには、[データ型][Inherit: Same as Simulink] に設定します。

関連するトピック