最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.SimulationData.Unit クラス

パッケージ: Simulink.SimulationData
スーパークラス:

シミュレーション データの単位の保存

説明

Simulink® は、信号の単位情報を格納する Simulink.SimulationData.Unit オブジェクトを、以下の場合に作成します。

  • Dataset 形式を使用した信号ログ取得時

  • ルート Outport ブロックのログ取得時。[コンフィギュレーションパラメーター][出力] パラメーターを選択し、[形式] パラメーターを [データセット] に設定した場合

  • To Workspace ブロックまたは To File ブロックへのログ記録時。[保存形式] ブロック パラメーターを既定値の [時系列] に設定した場合。

構築

unitsObj = Simulink.SimulationData.Unit(unitName) は指定した単位をもつ Simulink.SimulationData.Unit オブジェクトを作成します。

入力引数

すべて展開する

ログ データの単位の名前。文字ベクトルとして指定します。

出力引数

すべて展開する

ログ データの単位。Simulink.SimulationData.Unit オブジェクトとして返されます。

プロパティ

すべて展開する

単位の名前。文字ベクトルとして指定します。

メソッド

メソッド

目的

Simulink.SimulationData.Unit.setName

ログ データの単位の名前を指定する

コピーのセマンティクス

値。値クラスがコピー操作に与える影響については、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

すべて折りたたむ

インチを表す Simulink.SimulationData.Unit オブジェクトを作成します。

inchesUnit = Simulink.SimulationData.Unit('inches');

MATLAB® timeseries オブジェクトを作成し、その Units フィールドを Simulink.SimulationData.Unit オブジェクトに設定します。

ts = timeseries(1:10);
ts.DataInfo.Units = inchesUnit;
ts.DataInfo.Units
ans = 

  Units with properties:

    Name: 'inches'

R2016a で導入