Main Content

Simulink.SimulationData.State クラス

パッケージ: Simulink.SimulationData
スーパークラス:

説明

Simulink® では、Simulink.SimulationData.State オブジェクトを使用してシミュレーション時の状態のログ情報を格納します。状態データの取得元のブロックや状態のタイプなどの情報が格納されます。

プロパティ

すべて展開する

名前ベースのアクセスに用いる状態要素の名前。文字ベクトルとして指定します。名前を指定しない場合、連続状態か離散状態かに応じて 'CSTATE' または 'DSTATE' が使用されます。

状態の取得元ブロックのブロック パス。Simulink.SimulationData.BlockPath オブジェクトとして指定します。

状態のタイプ。'CSTATE' または 'DSTATE' として返されます。このプロパティは読み取り専用です。

  • 'CSTATE' – 連続状態

  • 'DSTATE' – 離散状態

状態要素の情報。単一の MATLAB timeseries オブジェクトまたは MATLAB timeseries オブジェクトの構造体として指定します。

メソッド

plotシミュレーション データ インスペクターでのシミュレーション出力データのプロット

すべて折りたたむ

この例では、Dataset 形式を使用して最終状態情報を保存してから、シミュレーション後に状態データにアクセスする方法を説明します。

モデル vdp を読み込み、Dataset 形式を使用して最終状態をログに記録するようにモデルを構成します。この例は既定の最終状態の変数名 xFinal を使用します。

load_system('vdp');
set_param('vdp','SaveFinalState','on','SaveFormat','Dataset');

モデルのシミュレーションを実行します。

out = sim('vdp');

既定の設定では、モデルはすべてのログ データが含まれる単一のシミュレーション出力を Simulink.SimulationOutput オブジェクトに作成します。SimulationOutput オブジェクトから xFinal Dataset オブジェクトを取得します。xFinal Dataset オブジェクトには 2 つの状態のデータが含まれます。

xFinal = get(out,'xFinal')
xFinal = 
Simulink.SimulationData.Dataset 'xFinal' with 2 elements

                        Name  BlockPath 
                        ____  _________ 
    1  [1x1 State]      ''    vdp/x1   
    2  [1x1 State]      ''    vdp/x2   

  - Use braces { } to access, modify, or add elements using index.

x1 ブロックに対応する状態のデータを調べます。

state_x1 = get(xFinal,1)
state_x1 = 
  Simulink.SimulationData.State
  Package: Simulink.SimulationData

  Properties:
         Name: ''
    BlockPath: [1x1 Simulink.SimulationData.BlockPath]
        Label: CSTATE
       Values: [1x1 timeseries]



  Methods, Superclasses

バージョン履歴

R2015a で導入