Main Content

Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames

MAT ファイル内の Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトを格納する変数の名前をリスト

    説明

    dsNames = Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames(filename) は、MAT ファイル filename 内の Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトを格納する変数の名前を返します。

    Dataset オブジェクトを格納する変数の名前を取得する場合、関数 Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames の方が関数 who や関数 whos よりも実行が速くなります。

    MAT ファイルの名前と Dataset オブジェクトを格納する変数の名前を使用して、Dataset オブジェクト全体をメモリに読み込まずに、MAT ファイル内のデータを参照する Simulink.SimulationData.DatasetRef オブジェクトを作成できます。

    すべて折りたたむ

    シミュレーション入力データがメモリに読み込めないほど大きいファイルに Simulink.SimulationData.Dataset オブジェクトとして格納されている場合、Simulink.SimulationData.DatasetRef オブジェクトを作成してシミュレーション中に入力データをモデルにストリーミングできます。DatasetRef オブジェクトは、ファイル内の Dataset オブジェクトのデータを参照し、そのデータをシミュレーション中に段階的に読み込みます。

    DatasetRef オブジェクトを作成するには、ファイルの名前とファイル内の Dataset オブジェクトを格納する変数の名前が必要です。関数 Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames を使用すると、ファイルをメモリに読み込まずに、ファイル内の Dataset オブジェクトを格納するすべての変数の名前を確認できます。

    ファイル aircraftData.mat 内の Dataset オブジェクトを格納する変数の名前を取得します。

    datasetNames = Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames('aircraftData.mat')
    datasetNames = 1x3 cell
        {'logsout'}    {'xout'}    {'yout'}
    
    

    Dataset オブジェクト logsout のデータへの参照を作成します。

    logsoutDSR = Simulink.SimulationData.DatasetRef("aircraftData.mat","logsout");

    Dataset オブジェクト logsout に格納されたデータをシミュレーションの入力としてストリーミングするには、"入力" パラメーターの値を logsoutDSR として指定します。DatasetRef オブジェクトからデータを読み込む動作は、データがメモリに段階的に読み込まれることを除き、Dataset オブジェクトからデータを読み込む場合と同じです。

    入力引数

    すべて折りたたむ

    MAT ファイルの名前。string または文字ベクトルとして指定します。

    例: 'myMATFile.mat'

    データ型: char | string

    出力引数

    すべて折りたたむ

    Dataset オブジェクトを格納する変数の名前。文字ベクトルの cell 配列として返されます。

    バージョン履歴

    R2016a で導入