Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames

MAT ファイルの Dataset 変数名のリスト

説明

varNames = Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames(matFile) は、MAT ファイルの Dataset データの変数名をリストします。

すべて折りたたむ

信号ログ データと状態データの既定の変数名を使用してモデルをシミュレーションするとします。[コンフィギュレーション パラメーター][データのインポート/エクスポート][データセットのデータをファイルにログ] を有効にし、既定の MAT ファイル名 out.mat を使用します。

MAT ファイルの変数名をリストします。

varNames = Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames('out.mat')
varNames =
 
   'xout'  'logsout'   

ヒント

MAT ファイルの Dataset 変数名を取得するには、関数 Simulink.SimulationData.DatasetRef.getDatasetVariableNames を使用すると、関数 who または whos を使用するよりも処理が速くなります。

入力引数

すべて折りたたむ

Dataset 変数を含む MAT ファイル。文字ベクトルとして指定します。この文字ベクトルによって、MAT ファイルへのパスが指定されます。

出力引数

すべて折りたたむ

MAT ファイルの Dataset 変数の名前。cell 配列として返されます。

R2016a で導入