Main Content

verifyHTML

ベースライン モデル アドバイザー レポートを生成するか、現在のレポートをベースライン レポートと比較

説明

[success message]= verifyHTML(ma,baseline) メソッドを使用して、モデル アドバイザー レポートを生成するか、または現在のレポートをベースライン レポートと比較します。

このメソッドを使うと、モデル アドバイザー レポートをベースライン レポートと比較し、それらが異なるかどうか判定できます。このメソッドを使用して、ベースライン レポートを生成し、現在のレポートとベースライン レポートの比較を実行できます。ベースライン レポートを生成するには、setBaselineMode メソッドを使用してモデル アドバイザーをベースライン モードにします。ベースライン レポートを保存する位置にベースライン引数を設定して、このメソッドを呼び出します。現在のレポートとベースライン レポートの比較を行う際には、まずモデル アドバイザーがベースライン モードでないことを確認します。次に baseline 入力引数の値としてベースライン レポートのパスと、このメソッドを呼び出します。

入力引数

すべて折りたたむ

ベースライン レポートを生成する、または現在のレポートをベースライン レポートと比較する Simulink.ModelAdvisor オブジェクト

モデル アドバイザー レポートへのパス

出力引数

すべて折りたたむ

メソッドが正常に実行されたかどうかを示す Boolean 値。モデル アドバイザーがベースライン モードである場合、このメソッドは最後に生成されたモデル アドバイザー レポートを入力引数 baseline で指定された位置に保存します。メソッドが指定した位置にレポートのコピーを保存できない場合、出力変数 successfalse を返します。失敗の理由は出力変数 message にあります。モデル アドバイザーがベースライン モードにない場合、このメソッドはモデル アドバイザーで最後に生成されたレポートを baseline で指定されたレポートと比較します。現在のレポートがベースライン レポートと同じ内容の場合、このメソッドは、success 出力変数の値として true を返します。

モデル アドバイザーがレポートを正常に保存できるかどうかを示すメッセージ。

バージョン履歴

R2006a で導入