最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet

最上位モデルのコンフィギュレーション参照を参照モデルに伝播

説明

[isPropagated, convertedModels] = Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(model) は、model のコンフィギュレーション参照をすべての参照モデルに伝播します。この関数は書き込み可能なフォルダーから実行します。

[isPropagated, convertedModels] = Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(model, 'include', refModels) は、model のコンフィギュレーション参照を refModels リスト内のモデルに伝播します。この関数は書き込み可能なフォルダーから実行します。

[isPropagated, convertedModels] = Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(model, 'exclude', refModels) は、model のコンフィギュレーション参照を、refModels リスト内のモデルを除く、階層内のすべての参照モデルに伝播します。この関数は書き込み可能なフォルダーから実行します。

handle = Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(model, 'gui') によって [参照モデルへのコンフィギュレーション参照の伝播] ダイアログ ボックスが開きます。

すべて折りたたむ

[isPropagated,convertedModels] = ...
Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet('sldemo_mdlref_depgraph')
[isPropagated,convertedModels] = ...
Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(...
'sldemo_mdlref_depgraph','include',...
{'sldemo_mdlref_heater','sldemo_mdlref_house'})
[isPropagated,convertedModels] = ...
Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(...
'sldemo_mdlref_depgraph','exclude',...
{'sldemo_mdlref_heater','sldemo_mdlref_house'})
Simulink.BlockDiagram.propagateConfigSet(...
'sldemo_mdlref_depgraph','gui')

入力引数

すべて折りたたむ

伝播するコンフィギュレーション参照をもつ最上位モデル。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

例: ‘mdl’

伝播に含めるまたは伝播から除外する参照モデルのリスト。文字ベクトルまたは string 配列の cell 配列として指定します。

例: {‘mdl1’,’mdl2’,’mdl3’}

出力引数

すべて折りたたむ

コンフィギュレーション参照の伝播が成功したかどうか。論理値として指定します。

変換されるモデル名のリスト。文字ベクトルの cell 配列として指定します。

[参照モデルへのコンフィギュレーション参照の伝播] ダイアログ ボックスへのハンドルです。関数に引数 ‘gui’ を指定する場合に返されます。

R2012b で導入