Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

同一の関数呼び出し信号の分岐に接続された関数呼び出しブロック

このモデルでは、Function-Call Feedback Latch ブロックが分岐されたブロックの間のフィードバック信号上に配置されています。その結果、ラッチ ブロックは接続先の関数呼び出しブロックの入力で信号を遅延し、接続先の関数呼び出しブロックはラッチ ブロックのソース関数呼び出しブロックよりも前に実行します。

参考

| | |