Main Content

frameedit

PrintFrame エディターを開いて SimulinkStateflow のブロック線図用の印刷フレームを編集

説明

frameeditPrintFrame エディターで新しいファイルを開きます。PrintFrame エディターは、Simulink® と Stateflow® のブロック線図に境界を作成するために使用するグラフィカル ユーザー インターフェイスです。

PrintFrame Editor

frameedit(filename) は、指定されたファイルを PrintFrame エディターで開きます。

すべて折りたたむ

myFrame.fig という名前の印刷フレームがあるとします。MATLAB® コマンド ウィンドウから PrintFrame エディターで直接開くことができます。

frameedit('myFrame.fig')

PrintFrame エディターで、myFrame.fig という名前の印刷フレームが開きます。

入力引数

すべて折りたたむ

印刷フレーム ファイル名。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

指定するファイルは、PrintFrame エディターで以前に作成および保存された Figure ファイル (.fig) でなければなりません。

例: frameedit('myFrame.fig')

データ型: char | string

バージョン履歴

R2008b で導入