Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

前進オイラー積分法を使用した離散時間積分

sldemo_fuelsys モデルでは、fuel_rate_control/airflow_calc サブシステムの Discrete-Time Integrator ブロックを使用します。このブロックは、前進オイラー積分法を使用します。

Switch ブロックによって Discrete-Time Integrator ブロックにゼロ以外の値が送られると、積分が実行されます。それ以外の場合、積分は実行されません。

関連するトピック