ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Decrement Time To Zero

信号の実際値からサンプル時間を減算 (ただし、ゼロまで)

  • ライブラリ:
  • Simulink / Additional Math & Discrete / Additional Math: Increment - Decrement

説明

Decrement Time To Zero ブロックは、信号の実際値からサンプル時間 Ts を減算します。出力がゼロ未満になることはありません。

制限

Decrement Time To Zero ブロックは、固定サンプルレートでのみ動作し、Triggered Subsystem 内では動作しません。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

出力

すべて展開する

入力信号の実際値からサンプル時間 Ts を減算した結果が出力になります。出力がゼロ未満になることはありません。出力のデータ型と次元は、入力と同じです。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

ブロックの特性

データ型

double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入