最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Compare To Zero

信号をゼロと比較する方法の定義

  • ライブラリ:
  • Simulink / Logic and Bit Operations

    HDL Coder / Logic and Bit Operations

説明

Compare To Zero ブロックは入力信号をゼロと比較します。[演算子] パラメーターで、入力をゼロと比較する方法を指定します。

出力は、比較が false の場合は 0 であり、true の場合は 1 です。

端子

入力

すべて展開する

入力信号。スカラーとして指定します。ゼロと比較します。入力データ型がゼロを表現できない場合、パラメーター オーバーフローが発生します。このオーバーフローを検出するには、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [診断]、[データ有効性] ペインに移動して、[パラメーター]、[オーバーフローの検出][警告] または [エラー] に設定します。

この場合、ブロックは入力信号を入力データ型の "グラウンド値" と比較します。たとえば、型 fixdt(0,8,2^0,10) の入力信号がある場合、入力データ型はバイアスが 10 なので、10 ~ 265 の符号なし 8 ビット整数を表現できます。グラウンド値は 0 ではなく 10 です。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point

出力

すべて展開する

出力は、比較が false の場合は 0 であり、true の場合は 1 です。

ブロック出力は、uint8boolean になります。これは、[出力データ型] パラメーターの指定に応じて決まります。

データ型: uint8 | Boolean

パラメーター

すべて展開する

このパラメーターには、次の値を指定できます。

  • == - 入力がゼロに等しいかどうかを調べます。

  • ~= - 入力がゼロに等しくないかどうかを調べます。

  • < - 入力がゼロより小さいかどうかを調べます。

  • <= - 入力がゼロ以下であるかどうかを調べます。

  • > - 入力がゼロより大きいかどうかを調べます。

  • >= - 入力がゼロ以上であるどうかを調べます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: relop
: 文字ベクトル
: '==' | '~='| '<' |'<='| '>='| '>'
既定の設定: '<='

出力のデータ型 ([boolean] または [uint8]) を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutDataTypeStr
: 文字ベクトル
: 'boolean' | 'uint8'
既定の設定: 'boolean'

ゼロクロッシング検出を有効にする場合は選択します。詳細については、ゼロクロッシング検出を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ZeroCross
: 文字ベクトル
: 'off' | 'on'
既定の設定: 'on'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

はい

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入