Main Content

MATLAB S-Function の基礎

S-Function の実装の原則

"S-Function" は MATLAB®、C、C++ または Fortran で記述された Simulink® ブロックをコンピューター言語で記述したものです。C、C++、および Fortran。S-Function は、mex ユーティリティを使用して MEX ファイルとしてコンパイルされます。C MEX 関数のビルドを参照してください。他の MEX ファイルと同様に、S-Function は、MATLAB 実行エンジンが自動的に読み込んで実行できる、動的にリンクされたサブルーチンです。Simulink Coder™ を使用している場合は、Level-2 MATLAB S-Function がインライン化されていれば、そのコードを生成できます。詳細については、Inlining S-Functions (Simulink Coder)を参照してください。

S-Function は次の方法で実装できます。

  • Level-2 MATLAB S-Function — S-Function API のより多様なセットへのアクセスを提供し、コード生成をサポートします。

  • C MEX S-Function — アルゴリズムを C MEX S-Function として実装するか、ラッパー S-Function を記述して既存の C、C++、または Fortran コードを呼び出すことができます。

  • S-Function Builder — 新しい S-Function を生成したり、S-Function API を使用せずに既存の C または C++ コードを組み込むために使用されるグラフィカル ユーザー インターフェイスを提供します。

  • レガシ コード ツール — 既存の C または C++ コードを組み込む S-Function の作成に役立つ一連の MATLAB コマンドを提供します。

トピック