Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB S-Function の作成と構成

プロパティと動作が MATLAB® S-Function と呼ばれる MATLAB 関数で定義されるカスタム ブロックの作成

Level-2 MATLAB S-Function API を使用すると、次を含む Simulink® 組み込みブロックの多くの特徴と機能を持つブロックを作成できます。

  • 複数の入力端子と出力端子

  • 1 次元、2 次元、および n 次元の入力信号および出力信号

  • Simulink でサポートされているすべてのデータ型

  • 実数信号または複素信号

  • フレームベース信号

  • 複数のサンプルレート

  • ユーザー定義データと作業ベクトル

  • 調整可能なパラメーターと実行時パラメーター