Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

na_0042: Simulink 関数を使用する場面

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — a

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Stateflow® Chart (Stateflow)Simulink Function ブロックを使用している場合、以下の条件の 1 つ以上を満たさなければなりません。

  • 入出力変数は Simulink Function ブロック内でローカルの StateflowChart データのみ使用している。

  • 入出力変数は、Simulink Function ブロック内でローカルの StateflowChart データと入力データのみを使用している。

  • Simulink Function ブロックは、StateflowChart 内の複数の場所から呼び出されている。

  • Simulink Function ブロックは、すべてのタイム ステップでは呼び出されない。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

Simulink Function ブロックの lookup1D はすべてのタイム ステップから呼び出されていないため、使用できます。

例 — 誤

Simulink Function ブロックの lookup1D はすべてのタイム ステップから呼び出されているため、使用できません (out は Stateflow 出力データ)。

根拠

サブ ID a:

  • モデルの可読性を向上させるには、チャート内で Simulink Function ブロックを注意して使用します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check usage of Simulink function in Stateflow (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入