Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0802: Stateflow における暗黙の型変換の禁止

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a

  • JMAAB — a

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

代入、比較、算術などのすべての演算は、同じデータ型の変数間で実行します。

関数呼び出しにおける実引数と仮引数のデータ型は同じにします。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

変数は計算に同じデータ型を使用します。

例: 比較演算

例: 算術演算と代入演算 (複合式)

変数のデータ型が異なりますが、計算前に明示的に型変換されています。

例: 比較演算

例: 算術演算と代入演算 (複合式)

関数呼び出しにおける実引数と仮引数のデータ型は同じです。

例 — 誤

変数は、計算に異なるデータ型を使用しています。

例: 比較演算

例: 算術演算と代入演算 (複合式)

符号なし整数型の変数と符号付き整数の間で計算が実行されています。

関数呼び出しにおける実引数と仮引数のデータ型が異なります。

根拠

サブ ID a:

  • 暗黙的なデータ型変換により、予期しない結果になる可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check for implicit type casting in Stateflow (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入