Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0644: 型の設定方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — 推奨事項なし

  • JMAAB — a

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

データ型がデータ オブジェクトで設定されている場合、ブロックまたは Stateflow® データ ディクショナリを使用してデータ型を設定しません。

例外

  • 再利用可能な関数内

  • Data Type Conversion ブロック

  • fixdt を使用して設定されたデータ型

  • Boolean 型または double

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

型はデータ オブジェクトで設定されています。

根拠

サブ ID a:

  • ブロック内でデータ型が設定され、それがデータ オブジェクトの型の設定と異なる場合は、どちらが正しい設定かを判断するのが難しくなる場合があります。これにより、可読性が損われる可能性があります。

  • ブロック内で型が設定されている場合は、信号線の型が変更されたときに保守性が影響を受けます。

  • 例外:

    • ブロック構造が同じ場合、入力/出力データ型間の違いによって、C ソース コードが異なり、再利用できなくなります。再利用可能な関数の場合、入力/出力ブロックのデータ型をサブシステム レベルで指定しなければなりません。

    • Data Type Conversion ブロックは、データ型を明示的に設定するために使用されます。

    • データ型が fixdt (固定小数点) の場合、ブロックごとにデータ点が異なる可能性があるため、データ型を個別に設定しなければなりません。このシナリオでは、データ オブジェクトのみを使用してデータ型を設定することはできません。

    • 一部のブロック タイプは Boolean に設定しなければなりません。

      Double 型は一般的にプラント モデルおよびラピッド制御プロトタイピング (RCP) に対して使用されるため、このルールの範囲外です。組み込みのソフトウェアでは、特定の状況で double 型を使用します。これらのブロックに設定を行う場合は、double 型の使用を最小限にするように注意してください。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check type setting by data objects (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入