Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0626: Lookup Table 系ブロックの使用方法

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a、b

  • JMAAB — a、b

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

Lookup Table Dynamic ブロック パラメーター [ルックアップ手法] を [Interpolation – Use End Values] に設定します。

カスタム パラメーター

該当なし

サブ ID b

n-D Lookup Table ブロック パラメーターを以下のように設定します。

  • [内挿法] を [Linear point-slope] または [Linear Lagrange] に設定します。

  • [外挿法] を [Clip] に設定します。

  • [最後のブレークポイント、またはその上で入力に対して最後のテーブル値を使用] を選択します。

カスタム パラメーター

該当なし

根拠

サブ ID a、b:

  • Lookup Table ブロックに対して予期しない値が入力されている場合、出力は外挿法を使用して判断することになり、不可能な値になったり、Lookup Table 出力がオーバーフローする可能性があります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check usage of Lookup Tables (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入