Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

jc_0281: トリガー信号の名前

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — 推奨事項なし

  • JMAAB — a1/a2/a3/a4、b1/b2/b3/b4

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a1

接続先の条件付き入力ブロックの名前に、トリガー信号の接続元のブロックの名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID a2

接続先の条件付きサブシステムの名前には、トリガー信号の接続元のブロックの名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID a3

接続先の条件付き入力ブロックの名前には、トリガー信号の名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID a4

接続先の条件付きサブシステムの名前には、トリガー信号の名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID b1

接続先の Stateflow® ブロック イベントの名前には、トリガー信号の接続元のブロックの名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID b2

接続先の Stateflow Chart (Stateflow) の名前には、トリガー信号の接続元のブロックの名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID b3

接続先の Stateflow ブロック イベントの名前には、トリガー信号の名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

サブ ID b4

トリガー信号の名前と接続先の Stateflow Chart (Stateflow) の名前には、同じ名前を含めなければなりません。接続先の Chart ブロックの名前に、トリガー信号の名前を含めます。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

根拠

サブ ID a1、a2、a3、a4、b1、b2、b3、b4:

  • 接続のミスを削減します。

  • トリガー信号の接続元と接続先の関係が分かりやすくなります。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check trigger signal names (Simulink Check)

最終更新

R2020a

参考

R2020a で導入