Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

db_0127: Stateflow ブロック内の MATLAB コマンド使用制限

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a1/a2

  • JMAAB — a1/a2

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a1

Stateflow® ブロックでは MATLAB® コマンドを使用しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

MATLAB コマンドは Stateflow ブロックで使用されていません。

例 — 誤

MATLAB コマンドが Stateflow ブロックで使用されています。

サブ ID a2

MATLAB コマンドが Stateflow ブロックで使用される場合、MATLAB Function ブロックのみを使用してアクセスします。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

MATLAB コマンドには MATLAB Function ブロックを使用してアクセスしています。

例 — 誤

MATLAB Function ブロックは MATLAB コマンドで使用されていません。

根拠

サブ ID a1:

  • コード生成に対してすべての MATLAB コマンドがサポートされるわけではありません。その結果、これらのサポートされていない MATLAB コマンドではコードは生成されない可能性があります。

サブ ID a2:

  • コード生成に対してすべての MATLAB コマンドがサポートされるわけではありません。その結果、これらのサポートされていない MATLAB コマンドではコードは生成されない可能性があります。

  • C および MATLAB アクション言語を個別に記述すると、可読性が向上します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check for MATLAB expressions in Stateflow charts (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入