Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

db_0125: Stateflow のローカル データ

サブ ID 推奨事項

  • NA-MAAB — a、b、c、d

  • JMAAB — a、b、c、d

MATLAB バージョン

すべて

ルール

サブ ID a

スコープをマシン レベルで Local に設定したデータ オブジェクトは定義しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

スコープは、Local のローカル データをマシン レベルで設定しています。

サブ ID b

スコープをマシン レベルで Constant に設定したデータ オブジェクトは定義しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

スコープは、Constant のローカル データをマシン レベルで設定しています。

サブ ID c

スコープをマシン レベルで Parameter に設定したデータ オブジェクトは定義しません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

スコープは、Parameter のローカル データをマシン レベルで設定しています。

サブ ID d

親子関係をもつ Stateflow® ブロックには、同じ名前のローカル データを含めません。

カスタム パラメーター

該当なし

例 — 正

例 — 誤

親子関係をもつ Stateflow ブロックに、同じ名前のローカル データがあります。

根拠

サブ ID a:

  • ローカル データがマシン レベルで定義されている場合、ローカル データはモデル内のすべてのブロックで共有されます。データはローカル変数と同様に動作し、任意の操作の影響を受ける可能性があります。

  • ルールに従うと、Stateflow ブロックを別のブロックにコピーしているときに、定義がなくなるのを防ぐことができます。

サブ ID b、c:

  • ルールに従うと、Stateflow ブロックを別のブロックにコピーしているときに、定義がなくなるのを防ぐことができます。

サブ ID d:

  • 親子関係をもつ Stateflow ブロックに同じ名前のローカル データが含まれる場合、ローカル データの影響が不明確になり、可読性が低下します。

検証

モデル アドバイザー チェック: Check definition of Stateflow data (Simulink Check)

最終更新

R2020a

R2020a で導入