Main Content

cgsl_0301: コードの効率性のためのコード生成目的の優先順位付け

ID: タイトル コードの効率性のためのコード生成目的の優先順位付け
説明コード効率のためのコード生成目的の優先順位付けには、次のようにコード生成アドバイザーを使用します。
Aコードの効率目的 ([ROM][RAM]、および [実行効率]) に優先順位を割り当てる。
Bアプリケーションの要件に応じて、[ROM][RAM]、および [実行効率] の相対的な順序を選択する。
C[コード生成前にモデルをチェック] コンフィギュレーション パラメーターを [オン (警告が発生しても続行)] または [オン (警告が発生すると停止)] に設定して、コード生成アドバイザーがコード生成の前に実行されるように構成する。
メモ:

モデルのコンフィギュレーション パラメーターでは、生成コードの多くの面を制御できます。目的の優先順位付けでは、目的間に競合が生じた場合にコンフィギュレーション パラメーターをどのように設定するかを指定します。

コード効率目的の優先順位を安全目的より上に設定すると、初期化またはランタイム保護コード (たとえば、表現可能な範囲外にある信号に対する飽和範囲チェック) が削除される可能性があります。パラメーターの構成結果を見て、安全要件が満たされていることを確認してください。

根拠A、B、Cコード生成アドバイザーを使用すると、コンフィギュレーション パラメーターは目的に従って一貫して実行される。
参考
最終更新R2015b