Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

到達不能の実行パス

説明

チャート構造が無効な実行パス上にある場合に実行する診断アクションを選択します。次の構造が到達不能の実行パスの原因となる可能性があります。

  • 遷移先オブジェクトに接続していない未接続の遷移。

  • 遷移元からの無条件遷移によって遷移の優先順位が発生し、同じ遷移元から他の遷移が実行されることを防ぐ。

  • 有効な遷移先として接続されていないステートまたはジャンクション。

  • ステート外の無条件パス。このチャートの初期状態では、ステート A およびステート B がアクティブになっています。次にチャートは、ステート C およびステート C への無条件遷移をアクティブにします。ステート B1 への遷移は実行されず、ステート B1 は到達不能です。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: 警告

なし

警告またはエラーは表示されません。

警告

警告が表示されます。

エラー

エラーが表示され、シミュレーションが停止します。

コマンド ライン情報

パラメーター: SFUnreachableExecutionPathDiag
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'warning'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ警告
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし (シミュレーション時)
なし (量産コード生成時)
安全対策エラー

関連するトピック