Main Content

ハードウェア ボード

モデルを実行するハードウェア ボードを選択します。

このパラメーターを変更すると、ハードウェア ボードに関連のあるパラメーターを表示するようにダイアログ ボックスの表示が更新されます。

ハードウェア ボードのサポートをインストールするには、[ハードウェア サポート パッケージの入手] を選択してサポート パッケージ インストーラーを開始します。代わりに、MATLAB® コマンド ウィンドウで supportPackageInstaller と入力します。

ハードウェア ボードのサポートをインストールしてから、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを再度開いて、ハードウェア ボードを選択します。

設定

既定の設定: 指定されたシステム ターゲット ファイルが ert.tlcrealtime.tlc または autosar.tlc の場合は [なし]。そうでない場合は、既定の設定は [[コード生成] システム ターゲット ファイルで決定] です。

なし

ハードウェア ボードは指定されません。モデルに指定したシステム ターゲット ファイルが ert.tlcrealtime.tlc または autosar.tlc の場合。

[コード生成] システム ターゲット ファイルで決定

システム ターゲット ファイルの設定によりハードウェア ボードが決定されることを指定します。

ハードウェア サポート パッケージの取得

サポート パッケージ インストーラーを呼び出します。ハードウェア サポート パッケージをインストールすると、リストには関連のあるハードウェア ボード名が含まれます。

ハードウェア ボード名

このモデルが表すシステムを実装するために使用するハードウェア ボードを指定します。

ヒント

  • ハードウェア ボードを選択する場合、ボード設定のパラメーターがダイアログ ボックスに表示されます。

  • ハードウェア ボードを選択すると、デバイス ベンダーとタイプを選択できます。

依存関係

[デバイス ベンダー] および [デバイス タイプ] パラメーターの値には、選択されたハードウェア ボードの利用可能なデバイス サポートが反映されます。

ハードウェア ボードを選択する場合、この選択により Toolchain パラメーター値およびその他のコンフィギュレーション パラメーターの値が変化する可能性があります。たとえば、ハードウェア ボードの選択を ARM Cortex-A9 (QEMU) に変更すると、Toolchain パラメーター値は Linaro Toolchain v4.8 などのサポートされているツールチェーンに変わります。

コマンド ライン情報

パラメーター: HardwareBoard
タイプ: 文字配列
既定の設定: 'Determine by Code Generation system target file'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

参考