最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB 関数での動的メモリ割り当てしきい値

説明

動的メモリ割り当てのしきい値を指定します。コード ジェネレーターでは、しきい値以上のサイズ (バイト) をもつ可変サイズの配列に動的メモリ割り当てを使用します。このパラメーターは、MATLAB Function ブロック、Stateflow® チャート、または MATLAB System ブロックに関連付けられた System object™ の MATLAB® コードに適用されます。このパラメーターは、以下には適用されません。

  • 入力信号または出力信号

  • パラメーター

  • グローバル変数

  • MATLAB System ブロックに関連付けられた System object の離散状態プロパティ

カテゴリ: [シミュレーション ターゲット]、[詳細設定パラメーター]

設定

既定の設定: 65536

  • しきい値を指定するには、このパラメーターを正の整数に設定します。

  • すべての可変サイズ配列に動的メモリ割り当てを使用するには、このパラメーターを 0 に設定します。

依存関係

[MATLAB 関数での動的メモリ割り当て] でこのパラメーターが有効になります。

コマンド ライン情報

パラメーター: MATLABDynamicMemAllocThreshold
タイプ: 整数
値: 整数値
既定の設定: 65536

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策推奨なし

関連するトピック