Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

自動ソルバー パラメーターの選択

説明

ソルバー パラメーター設定が Simulink® ソフトウェアによって変更された場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: なし

なし

Simulink は何のアクションも実行しません。

警告

Simulink によって警告が表示されます。

エラー

Simulink はシミュレーションを終了し、エラー メッセージを表示します。

ヒント

このオプションが有効になっていると、以下の場合に通知が表示されます。

  • ユーザーが変更したパラメーターをモデルの他の設定と整合するように Simulink が変更する場合。

  • モデルに対するソルバー パラメーター (FixedStepSize など) を Simulink が自動的に選択する場合。

たとえば、連続ソルバーを指定する離散モデルをシミュレーションする場合は、Simulink によってソルバー タイプが離散に変更され、この変更に関する警告が表示されます。

コマンド ライン情報

パラメーター: SolverPrmCheckMsg
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'none'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策エラー

関連するトピック