Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バリアント条件の算術演算

説明

Simulink® ソフトウェアがバリアント ブロック内に指定されたバリアント条件で算術演算 (+、-、*、idivide、rem) を検出した場合に行う診断アクションを選択します。

カテゴリ: 診断

設定

既定の設定: エラー

メモ

R2019a より前に作成されたモデルの場合、既定値は [警告] です。

なし

Simulink ソフトウェアが [ブロック線図の更新中にすべての選択肢を解析し、プリプロセッサの条件を生成する] オプションが選択されたバリアント ブロックのバリアント条件で算術演算を検出すると、ソフトウェアではいかなるアクションも実行されません。

警告

Simulink ソフトウェアが [ブロック線図の更新中にすべての選択肢を解析し、プリプロセッサの条件を生成する] オプションが選択されたバリアント ブロックのバリアント条件で算術演算を検出すると、ソフトウェアでは警告が表示されます。

エラー

Simulink ソフトウェアが [ブロック線図の更新中にすべての選択肢を解析し、プリプロセッサの条件を生成する] オプションが選択されたバリアント ブロックのバリアント条件で算術演算を検出すると、ソフトウェアでは警告が表示され、シミュレーションが終了します。

メモ

シミュレーションとコード生成間の動作に違いがある可能性があるため、既定値 error を使用することをお勧めします。たとえば、Variant Source ブロックで条件 V * W == 10 を使用し、Simulink Coder により生成されたコードにブロックでプリプロセッサの条件を生成するよう要求します。その結果、生成された C コードに "#if V*W == 10" が含まれます。Simulink は VW に int32 型を使用しますが、コンパイラで使用される整数型は実装に依存します。したがって、VW の大きい値の場合、シミュレーションとコード生成間の動作に違いが生じる可能性があります。モデルで算術演算を使用する場合は、診断を緩和するのでなく、その用法を削除することを検討しなければなりません。

コマンド ライン情報

パラメーター: ArithmeticOperatorsInVariantConditions
値: 'none' | 'warning' | 'error'
既定の設定: 'error'

推奨設定

アプリケーション設定
デバッグ影響なし
トレーサビリティ影響なし
効率性影響なし
安全対策影響なし

関連するトピック