Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

三角波のスルー レート

この例では、三角波の上り勾配と下り勾配の推定としてスルー レートを使用する方法を示します。3 つの三角波を作成します。波形の 1 つは ±2 の上り勾配と下り勾配をもち、別の 1 つの波形は ±12 の上り勾配と下り勾配をもち、そして残りの 1 つの波形は +2 の上り勾配と -12 の下り勾配をもちます。slewrate を使用して、波形の勾配を求めます。

tripuls を使用して、±2 の上り勾配と下り勾配をもつ三角波を作成します。サンプリング間隔を 0.01 秒に設定します。これはサンプルレート 100 Hz に相当します。

dt = 0.01;
t = -2:dt:2;

x = tripuls(t);

三角波のスルー レートを計算してプロットします。サンプルレート 100 Hz を入力して正確な正負の勾配の値を求めます。

slewrate(x,1/dt)

ans = 1×2

    2.0000   -2.0000

勾配が ±12 になるように三角波の幅を変更します。スルー レートを計算してプロットします。

x = tripuls(t,4);
slewrate(x,1/dt)

ans = 1×2

    0.5000   -0.5000

+2 の上り勾配と -12 の下り勾配をもつ三角波を作成します。スルー レートを計算します。

x = tripuls(t,5/2,-3/5);
s = slewrate(x,1/dt)
s = 1×2

    2.0000   -0.5000

s の最初の要素は上り勾配で、2 番目の要素は下り勾配です。結果をプロットします。

slewrate(x,1/dt);

参考

|