Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

shuffle

信号データストアの信号のシャッフル

説明

shuffledsds = shuffle(sds) は、入力データストア sdsディープ コピーを作成し、関数 randperm を使用して信号をシャッフルします。

すべて折りたたむ

MATLAB® に含まれる信号の例へのパスを指定します。指定したフォルダーを示す信号データストアを作成し、関数 extractAfter を使用して、データストアのファイルの名前を抽出します。

folder = fullfile(matlabroot,'toolbox','matlab','audiovideo');
sds = signalDatastore(folder);
c1 = extractAfter(sds.Files,'audiovideo\')
c1 = 7×1 cell
    {'chirp.mat'   }
    {'gong.mat'    }
    {'handel.mat'  }
    {'laughter.mat'}
    {'mtlb.mat'    }
    {'splat.mat'   }
    {'train.mat'   }

ファイルをシャッフルして、同じファイルをランダムな順序で含む新しいデータストアを作成します。関数 extractAfter を使用して、シャッフルしたデータストアのファイルの名前を抽出します。

sdsshuffled = shuffle(sds);
c2 = extractAfter(sdsshuffled.Files,'audiovideo\')
c2 = 7×1 cell
    {'splat.mat'   }
    {'handel.mat'  }
    {'train.mat'   }
    {'mtlb.mat'    }
    {'chirp.mat'   }
    {'gong.mat'    }
    {'laughter.mat'}

入力引数

すべて折りたたむ

信号データストア。signalDatastore オブジェクトとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

シャッフルされた信号データストア。sds のファイルまたはメンバーをランダムな順序で含む signalDatastore オブジェクトとして返されます。

詳細

すべて折りたたむ

ディープ コピー

"ディープ コピー" は、すべてのレベルのデータがコピーされたコピーを指します。たとえば、ある構造体のディープ コピーは、各フィールドおよび各フィールドの内容 (存在する場合) をコピーします。

R2020a で導入