ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

lsf2poly

線スペクトル周波数を予測フィルター係数に変換

構文

a = lsf2poly(lsf)

説明

a = lsf2poly(lsf) では、線スペクトル周波数のベクトル lsf から、予測フィルター係数を含むベクトル a が返されます。lsf が、各列に線スペクトル周波数の個別チャネルをもつサイズ M 行 N 列の行列の場合、返される行列 a は行として予測フィルター係数を含み、サイズは N × (M + 1) 列です。

すべて折りたたむ

線スペクトル周波数のベクトル lsf を指定すると、等価な予測フィルター係数が求められます。

lsf = [0.7842 1.5605 1.8776 1.8984 2.3593];
a = lsf2poly(lsf)
a = 1×6

    1.0000    0.6148    0.9899    0.0001    0.0031   -0.0081

参考文献

[1] Deller, John R., John G. Proakis, and John H. L. Hansen. Discrete-Time Processing of Speech Signals. New York: Macmillan, 1993.

[2] Rabiner, Lawrence R., and Ronald W. Schafer. Digital Processing of Speech Signals. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall, 1978.

R2006a より前に導入