Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

deleteAnnotations

EDF または EDF+ ファイルからの注釈の削除

    説明

    edfw = deleteAnnotations(edfw,annotationindices) は、European Data Format (EDF) または EDF+ ファイルから、annotationindices で指定されたインデックスにある注釈を削除します。

    edfw = deleteAnnotations(edfw) は、edfw に存在するすべての注釈を削除します。

    すべて折りたたむ

    注釈が 28 個ある timetable を格納したedfwriteオブジェクトをワークスペースに読み込みます。それぞれの注釈は、腕の 6 個の運動または 1 個の休止期間のいずれか 1 個のオンセットに対応します。

    • 手を開く – "1"

    • 手を閉じる – "2"

    • 手首を曲げる – "3"

    • 手首を伸ばす – "4"

    • 回外 – "5"

    • 回内 – "6"

    • 休止 – "7"

    load edfw

    休止期間 ("7") を edfw から削除し、注釈の timetable を表示します。22 個の注釈が残り、休止のインスタンスはなくなりました。

    idx = find(edfw.Annotations.Annotations == "7");
    edfw = deleteAnnotations(edfw,idx);
    edfw.Annotations
    ans=22×2 timetable
          Onset       Annotations    Duration
        __________    ___________    ________
    
        12.257 sec        "3"         3 sec  
        32.32 sec         "6"         3 sec  
        40.449 sec        "1"         3 sec  
        51.202 sec        "2"         3 sec  
        70.404 sec        "4"         3 sec  
        79.84 sec         "1"         3 sec  
        89.327 sec        "4"         3 sec  
        109.26 sec        "2"         3 sec  
        118.8 sec         "1"         3 sec  
        128.8 sec         "6"         3 sec  
        138.42 sec        "5"         3 sec  
        157.55 sec        "4"         3 sec  
        166.78 sec        "3"         3 sec  
        176.71 sec        "5"         3 sec  
        196.42 sec        "1"         3 sec  
        206.31 sec        "3"         3 sec  
          ⋮
    
    

    残った注釈を含む関心領域 (ROI) テーブルを作成します。duration 配列を double 配列に変換します。

    anns = edfw.Annotations;
    region = seconds([anns.Onset anns.Onset+anns.Duration]);
    label = anns.Annotations;
    roi = table(region,label)
    roi=22×2 table
             region         label
        ________________    _____
    
        12.257    15.257     "3" 
         32.32     35.32     "6" 
        40.449    43.449     "1" 
        51.202    54.202     "2" 
        70.404    73.404     "4" 
         79.84     82.84     "1" 
        89.327    92.327     "4" 
        109.25    112.25     "2" 
        118.81    121.81     "1" 
         128.8     131.8     "6" 
        138.42    141.42     "5" 
        157.55    160.55     "4" 
        166.78    169.78     "3" 
        176.71    179.71     "5" 
        196.43    199.43     "1" 
        206.31    209.31     "3" 
          ⋮
    
    

    注釈に関連する筋電図 (EMG) データ[1]を読み込みます。データは、www.sce.carleton.ca/faculty/chan/index.php?page=matlab から入手できます。サンプルレートは 1000 Hz です。データの最初のチャネルのみを含む信号変数を作成します。

    load EMGdata
    fs = 1000;
    x = data(:,1);

    関心領域および運動ラベルの信号マスクを作成します。注釈領域と共に EMG 信号をプロットします。

    msk = signalMask(roi,"SampleRate",fs);
    plotsigroi(msk,x)

    Figure contains an axes. The axes contains 7 objects of type line.

    入力引数

    すべて折りたたむ

    EDF または EDF+ ファイル。edfwrite オブジェクトとして指定します。

    注釈のインデックス。数値ベクトルとして指定します。annotationindices 内の値は、Annotations プロパティの行インデックスでなければなりません。

    データ型: double

    出力引数

    すべて折りたたむ

    EDF または EDF+ ファイル。edfwrite オブジェクトとして返されます。

    参照

    [1] Chan, Adrian D.C., and Geoffrey C. Green. 2007. "Myoelectric Control Development Toolbox". Paper presented at 30th Conference of the Canadian Medical & Biological Engineering Society, Toronto, Canada, 2007.

    [2] Kemp, Bob, Alpo Värri, Agostinho C. Rosa, Kim D. Nielsen, and John Gade. “A Simple Format for Exchange of Digitized Polygraphic Recordings.” Electroencephalography and Clinical Neurophysiology 82, no. 5 (May 1992): 391–93. https://doi.org/10.1016/0013-4694(92)90009-7.

    [3] Kemp, Bob, and Jesus Olivan. "European Data Format 'plus' (EDF+), an EDF Alike Standard Format for the Exchange of Physiological Data." Clinical Neurophysiology 114, no. 9 (2003): 1755–1761. https://doi.org/10.1016/S1388-2457(03)00123-8.

    参考

    アプリ

    オブジェクト

    関数

    外部の Web サイト

    R2021a で導入