Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

テンプレート makefile のカスタマイズ

テンプレート makefile (TMF) を設定またはカスタマイズする場合、make コマンドの仕組みとこのコマンドが makefile (.mk ファイル) を処理する方法を理解していなければなりません。また、makefile ビルドの規則に関する知識もなければなりません。これらのトピックの情報は、使用している make ユーティリティのドキュメンテーションを参照してください。

テンプレート makefile とトークン

テンプレート makefile にはトークンが含まれています。ビルド プロセスではトークンを拡張して makefile を作成します。

  • model.mk –– モデル コンポーネントから生成されたコードをコンパイルしリンクします。

  • rtwshared.mk –– 生成された共有ユーティリティ コードをコンパイルします。

makefile (model_or_sharedutils.mk) は、開発コンピューター固有のコマンドを使用します。

テンプレート makefile トークン

make_rtw コマンド (または一部のターゲットでは別のコマンド) によって、model_or_sharedutils.mk の生成が指示されます。make_rtw コマンドは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] ペインで指定されている TMF を処理します。make_rtw によって、検出されたトークンを展開しながら TMF が行単位でコピーされます。make_rtw によって展開されるテンプレート makefile トークンには、トークンとその展開のリストがあります。

これらのトークンは、展開された makefile によって以下のようないくつかの方法で使用されます。

  • makefile 内の条件付き動作の制御。条件は、ソース ファイルのリスト、ライブラリ名、ビルドするターゲット、およびその他のビルド関連情報を制御するために使用されます。

  • -DINTEGER_CODE=1 など、ファイルのコンパイルに必要なマクロの定義を指定。

make_rtw によって展開されるテンプレート makefile トークン

トークン展開
一般的な目的

|>ADDITIONAL_LDFLAGS<|

ブロックによって自動的に追加されるリンカー フラグ。

|>ALT_MATLAB_BIN<|

MATLAB® 実行可能ファイルへの代替絶対パス名。絶対パス名に空白が含まれている場合、値は、MATLAB_BIN トークン用の値とは異なります。

|>ALT_MATLAB_ROOT<|

MATLAB インストールへの代替絶対パス名。絶対パス名に空白が含まれている場合、値は、MATLAB_ROOT トークン用の値とは異なります。

|>BUILDARGS<|

make_rtw に渡されるオプション。このトークンを指定する目的は、ユーザーによってビルド引数が変更された場合に model_or_sharedutils.mk ファイルの内容が変更されるようにすることで、ビルド オプションの変更時にモジュールが強制的に更新されるようにすることです。

|>COMBINE_OUTPUT_UPDATE_FCNS<|

モデル コンフィギュレーション パラメーター [1 つの出力/更新関数] を選択する場合は True (1)、しない場合は False (0)。マクロ定義 -DONESTEPFCN=1 に対して使用します。

|>COMPILE_FLAGS_OTHER<|

'OPTS''OPT_OPTS''OPTIMIZATION_FLAGS' でないグループのコンパイラ フラグ。|>COMPILE_FLAGS_OTHER<| が存在しておらず、かつ以下の条件が適用される場合、ビルド プロセスで警告が発生します。

  • ビルド情報には、'OPTS''OPT_OPTS'、または 'OPTIMIZATION_FLAGS' にないコンパイラ フラグが含まれます。

  • コンパイラ フラグはテンプレート makefile にありません。

|>COMPUTER<|

コンピューターのタイプ。MATLAB computer コマンドを参照してください。

|>DEFINES_OTHER<|

'OPTS''OPT_OPTS' 'OPTIMIZATION_FLAGS''Custom' でないグループのプリプロセッサ マクロ定義。

対応する変数とトークンのペアがテンプレート makefile にある 'OPTS''OPT_OPTS' 'OPTIMIZATION_FLAGS'、または 'Custom' のプリプロセッサ マクロ定義は、DEFINES_OTHER で展開されません。この動作は、重複したプリプロセッサ マクロ定義のプロビジョニングを回避するのに役立ちます。

たとえば、一部のテンプレート makefile には次のステートメントが含まれます。

...
NUMST = |>NUMST<|
...
CPP_REQ_DEFINES1 = ... -DNUMST=$(NUMST) ...
テンプレート makefile に変数とトークンのペア NUMST = |>NUMST<| が含まれており、NUMSTbuildInfo 内のプリプロセッサ マクロ定義である場合、ビルド プロセスは DEFINES_OTHER で展開されません。

|>DEFINES_OTHER<| が存在しておらず、かつ以下の条件が適用される場合、ビルド プロセスで警告が発生します。

  • ビルド情報には 'OPTS''OPT_OPTS' 'OPTIMIZATION_FLAGS'、または 'Custom' にないプリプロセッサ マクロ定義が含まれます。

  • たとえば NUMST などのプリプロセッサ マクロ定義はテンプレート makefile にありません。

|>EXPAND_LIBRARY_LOCATION<|

プリコンパイル済みのライブラリ ファイルの場所。TargetPreCompLibLocation コンフィギュレーション パラメーターによってこの設定をオーバーライドできます。例については、ビルド中のライブラリの位置および名前付けの制御を参照してください。

|>EXPAND_LIBRARY_NAME<|

ライブラリ名。例については、ビルド中のライブラリの位置および名前付けの制御rtwmakecfg 用のテンプレート makefile の変更を参照してください。

|>EXPAND_LIBRARY_SUFFIX<|

ライブラリ接尾辞。TargetLibSuffix コンフィギュレーション パラメーターによってこの設定をオーバーライドできます。例については、ビルド中のライブラリの位置および名前付けの制御を参照してください。

|>EXT_MODE<| (R2018a には不要であり、今後提供されるテンプレート makefile では TOOLCHAIN_NAME が指定されます)

True (1) に設定すると、エクスターナル モード サポート コードの生成が有効になります。有効にしない場合は、False (0) に設定します。

|>EXTMODE_TRANSPORT<| (R2018a には不要であり、今後提供されるテンプレート makefile では TOOLCHAIN_NAME が指定されます)

エクスターナル モード用のトランスポート メカニズム (tcpipserial など) のインデックス。

|>EXTMODE_STATIC<| (R2018a には不要であり、今後提供されるテンプレート makefile では TOOLCHAIN_NAME が指定されます)

エクスターナル モードに対して静的メモリ割り当てが選択されている場合は True (1)。動的メモリ割り当てが選択されている場合は False (0)。

|>EXTMODE_STATIC_SIZE<| (R2018a には不要であり、今後提供されるテンプレート makefile では TOOLCHAIN_NAME が指定されます)

エクスターナル モード用の静的メモリ割り当てバッファーのサイズ。

|>GENERATE_ERT_S_FUNCTION<|

モデル コンフィギュレーション パラメーター [ブロックの作成][SIL] に設定されている場合は True (1)、そうでない場合は False (0)。ビルドの makefile ターゲットの制御に使用します。

|>INCLUDE_MDL_TERMINATE_FCN<|

モデル コンフィギュレーション パラメーター [終了関数の生成] が選択されている場合は True (1)、そうでない場合は False (0)。マクロ定義 -DTERMFCN==1 に対して使用します。

|>INTEGER_CODE<|

モデル コンフィギュレーション パラメーター [浮動小数点数をサポートします] が選択されていない場合は True (1)、そうでない場合は False (0)。INTEGER_CODE は、ソース コードのコンパイル中に必須のマクロ定義です。リンクする対象のプリコンパイル済みのライブラリを選択するときに使用されます。

|>MAKEFILE_NAME<|

model_or_sharedutils.mk — TMF から作成された makefile の名前。

|>MAT_FILE<|

モデル コンフィギュレーション パラメーター [MAT ファイルのログ] が選択されている場合は True (1)、そうでない場合は False (0)。MAT_FILE は、ソース コードのコンパイル中に必須のマクロ定義です。また、ビルド プロセス内でログ コードのインクルードにも使用されます。

|>MATLAB_BIN<|

MATLAB 実行可能プログラムの場所。

|>MATLAB_ROOT<|

MATLAB がインストールされている場所へのパス。

|>MEM_ALLOC<|

RT_MALLOC または RT_STATIC。メモリの割り当て方法を示します。

|>MEXEXT<|

MEX ファイルの拡張子。MATLAB mexext コマンドを参照してください。

|>MODEL_MODULES<|

追加の生成済みソース モジュール。たとえば、大きなモデルを 2 つのファイル model.cmodel1.c に分割できます。この場合、このトークンが model1.c に展開されます。

|>MODEL_MODULES_OBJ<|

生成された追加のソース モジュールに対応するオブジェクト ファイル名 (.obj)。

|>MODEL_NAME<|

現在ビルド中の Simulink® ブロック線図の名前。

|>MULTITASKING<|

ソルバー モードがマルチタスクの場合は True (1)、それ以外の場合は False (0)。

|>NCSTATES<|

連続状態の数。

|>NUMST<|

モデル内のサンプル時間の数。

|>RELEASE_VERSION<|

MATLAB リリース バージョン。

|>S_FUNCTIONS_LIB<|

リンク作成に使用できる S-Function ライブラリのリスト。

|>SOLVER<|

ode3.c など、ソルバー ソース ファイル名。

|>SOLVER_OBJ<|

ode3.obj など、ソルバー オブジェクト (.obj) ファイル名。

|>TARGET_LANG_EXT<|

モデル コンフィギュレーション パラメーター [言語][C] に設定されている場合は c[言語][C++] に設定されている場合は cpp。makefile ファイル内で生成済みのソース ファイルの拡張子を制御するために使用されます。

|>TID01EQ<|

連続タスクのサンプル レートと最初の離散タスクが同等な場合は True (1)、それ以外の場合は False (0)。

S-Function とビルド情報のサポート

メモ

この節のトークンの例は、rtwmakecfg 用のテンプレート makefile の変更を参照してください。

|>START_EXPAND_INCLUDES<|
|>EXPAND_DIR_NAME<|
|>END_EXPAND_INCLUDES<|

インクルード パスに追加するフォルダー名のリスト。さらに、INCLUDES 行に ADD_INCLUDES マクロを追加しなければなりません。

|>START_EXPAND_LIBRARIES<|
|>EXPAND_LIBRARY_NAME<|
|>END_EXPAND_LIBRARIES<|

ライブラリ名のリスト。

|>START_EXPAND_MODULES<|
|>EXPAND_MODULE_NAME<|
|>END_EXPAND_MODULES<|

|>START_EXPAND_LIBRARIES<| ライブラリ リストと |>START_PRECOMP_LIBRARIES<| ライブラリ リスト内のライブラリ モジュール名。

|>START_EXPAND_RULES<|
|>EXPAND_DIR_NAME<|
|>END_EXPAND_RULES<|

makefile 規則。

|>START_PRECOMP_LIBRARIES<|
|>EXPAND_LIBRARY_NAME<|
|>END_PRECOMP_LIBRARIES<|

プリコンパイル済みライブラリ名のリスト。

モデル参照のサポート

メモ

この節のトークンの例は、TMF でのモデル参照のサポートを参照してください。

|>MASTER_ANCHOR_DIR<|

並列ビルドで、ビルドを開始した時点における現在の作業フォルダー (pwd)。

|>MODELLIB<|

現在のモデルに対して生成されたライブラリ ファイルの名前。

|>MODELREFS<|

最上位モデルによって参照されるモデルのリスト。

|>MODELREF_LINK_LIBS<|

最上位モデルがリンクする参照モデル ライブラリのリスト。

|>MODELREF_LINK_RSPFILE_NAME<|

最上位モデルがリンクする応答ファイルの名前。このトークンは、リンカー応答ファイルをサポートするビルド環境に対してのみ有効です。使用方法の例は、matlabroot/toolbox/coder/compile/tmf/grt_vcx64.tmf を参照してください。

|>MODELREF_TARGET_TYPE<|

ビルド中のターゲットのタイプ。可能な値は以下のとおりです。

  • NONE:その他のモデルを参照するスタンドアロン モデルまたは最上位モデル

  • RTW:モデル参照ターゲット ビルド

  • SIM:モデル参照シミュレーション ターゲット ビルド

|>RELATIVE_PATH_TO_ANCHOR<|

生成された makefile の場所から MATLAB 作業フォルダーへの相対パス。

|>START_DIR<|

ビルドを開始した時点のコード生成フォルダー。このトークンは、並列ビルドに必須のトークンです。

これらのトークンは、ビルド プロセスに既知のパラメーター値を代入することによって展開されます。たとえば、ソース モデルに 2 つの異なるサンプル時間をもつブロックがある場合は、以下の TMF ステートメント

NUMST = |>NUMST<|

は次のように展開されます。

NUMST = 2

さらに、make_rtw は、他のソースからもトークンを以下のように展開します。

  • [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスのターゲット オプションで定義されているターゲットに固有なトークン

  • システム ターゲット ファイルの rtwoptions 節にある構造体。フィールド makevariable を含む rtwoptions 構造体配列内の構造体が展開されます。

以下の例は、matlabroot/rtw/c/grt/grt.tlc からの抜粋です。BEGIN_RTW_OPTIONS で開始される節には、rtwoptions を設定する MATLAB コードが含まれています。以下の命令によって、|>EXT_MODE<| トークンが、[エクスターナル モード] オプションの設定に応じて、1 (オン) または 0 (オフ) に展開されます。

rtwoptions(2).makevariable = 'EXT_MODE'

make ユーティリティの起動

make コマンド

model_or_sharedutils.mk を TMF から作成すると、ビルド プロセスは make コマンドを実行します。make を起動するために、ビルド プロセスはこのコマンドを発行します。

makecommand -f model_or_sharedutils.mk

makecommand は、システム ターゲット ファイルの TMF 内で MAKECMD マクロによって定義されています (テンプレート makefile の構造体を参照)。モデル コンフィギュレーション パラメーター [make コマンド] を使用して make に追加のオプションを指定できます。(make コマンドの指定およびテンプレート makefile と make オプションの節を参照してください)。

たとえば、[make コマンド] フィールドに OPT_OPTS=-O2 を指定すると、make_rtw が以下の make コマンドを生成します。

makecommand -f model_or_sharedutils.mk OPT_OPTS=-O2

TMF の先頭にあるコメントは、使用できる make コマンド オプションを指定します。これらのオプションでは柔軟性が足りない場合、独自の TMF を設定できます。

make ユーティリティのバージョン

make ユーティリティを使用すると、リアルタイム プログラムのビルドのほとんどすべての側面を制御できます。使用できる make には、いくつかの異なるバージョンがあります。コード ジェネレーターは、UNIX®[1] と PC プラットフォームの両方に Free Software Foundation の GNU® make を、次のフォルダーの下にあるプラットフォーム固有のサブフォルダーで提供しています。

matlabroot/bin

コード ジェネレーターでは、GNU Make の使用をお勧めしますが、他のバージョンの make を使用することもできます。コード ジェネレーターとの互換性を確保するには、使用するバージョンの make が以下のコマンド形式をサポートしていることを確認します。

makecommand -f model_or_sharedutils.mk

テンプレート makefile の構造体

TMF には、次のような複数のセクションがあります。

  • Abstract — makefile のターゲットを説明します。matlabroot/toolbox/coder/compile/tmf の ERT TMF からの代表的な要約を以下に示します。

    # Abstract:
    #       Template makefile for building a Windows-based stand-alone embedded
    #       real-time version of Simulink model using generated C code and the
    #          Microsoft Visual C/C++ compiler for x64.
    #
    #       Note that this template is automatically customized by the build 
    #       procedure to create "<model>.mk"
    #
    #       The following defines can be used to modify the behavior of the
    #       build:
    #         OPT_OPTS       - Optimization option. See DEFAULT_OPT_OPTS in
    #                          vctools.mak for default.
    #         OPTS           - User specific options.
    #         CPP_OPTS       - C++ compiler options.
    #         USER_SRCS      - Additional user sources, such as files needed by
    #                          S-functions.
    #         USER_INCLUDES  - Additional include paths
    #                          (i.e. USER_INCLUDES="-Iwhere-ever -Iwhere-ever2")
    #
    #       To enable debugging:
    #         set DEBUG_BUILD = 1, which will trigger OPTS=-Zi (may vary with
    #                               compiler version, see compiler doc) 
    #
    #       This template makefile is designed to be used with a system target
    #       file that contains 'rtwgensettings.BuildDirSuffix' see ert.tlc
  • Macros read by make_rtw セクション — make_rtw にTMF の処理用法を指示するマクロを定義します。matlabroot/toolbox/coder/compile/tmf の GRT TMF の代表的な Macros read by make_rtw セクションを以下に示します。

    #------------------------ Macros read by make_rtw -----------------------------
    #
    # The following macros are read by the build procedure:
    #
    #  MAKECMD         - This is the command used to invoke the make utility
    #  HOST            - What platform this template makefile is targeted for
    #                    (i.e. PC or UNIX)
    #  BUILD           - Invoke make from the build procedure (yes/no)?
    #  SYS_TARGET_FILE - Name of system target file.
    
    MAKECMD         = nmake
    HOST            = PC
    BUILD           = yes
    SYS_TARGET_FILE = any
    BUILD_SUCCESS	= ^#^#^# Created
    
    # Opt in to simplified format by specifying compatible Toolchain
    TOOLCHAIN_NAME = [\
        "Microsoft Visual C++ 2019 v16.0 | nmake (64-bit Windows)", \
        "Microsoft Visual C++ 2017 v15.0 | nmake (64-bit Windows)", \
        "Microsoft Visual C++ 2015 v14.0 | nmake (64-bit Windows)"]
    

    このセクションのマクロには、次のようなものがあります。

    • MAKECMD — make ユーティリティを起動するために使用されるコマンドを指定します。たとえば、MAKECMD = mymake の場合、起動される make コマンドは次のようになります。

      mymake -f model_or_sharedutils.mk

    • HOST — この TMF のターゲットとなるプラットフォームを指定します。これは、PCUNIXcomputer_name (MATLAB computer コマンドを参照) または ANY のいずれかになります。

    • BUILDmake_rtw に対して make をビルド プロシージャから起動しなければならないかどうかを指示します。yes または no を指定します。

    • SYS_TARGET_FILE — システム ターゲット ファイルの名前または値 any を指定します。これは、[コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成] ペインの [ターゲットの選択] パネルでシステム ターゲット ファイルが指定されているかどうか検証するために make_rtw による整合性チェックで使用されます。any を指定した場合、あらゆるシステム ターゲット ファイルを使用した TMF を使用できます。

    • BUILD_SUCCESS — makefile がスタティック ライブラリを作成する際に、たとえば ert_vcx64.tmf のルールによって定義されているように、BUILD_SUCCESS 文字列が作成されます。

      $(PRODUCT) : $(OBJS) $(LIBS) $(MODELREF_LINK_LIBS)
      	@cmd /C "echo ### Linking ..."
      	$(LD) $(LDFLAGS) $(LIBS) \
          @$(CMD_FILE) @$(MODELREF_LINK_RSPFILE) -dll -def:$(MODEL).def -out:$@
      	@cmd /C "echo $(BUILD_SUCCESS) dynamically linked library  $(PRODUCT)"
      

      ビルド プロセスで BUILD_SUCCESS 文字列が見つかると、更新されたスタティック ライブラリ ファイルの存在がポーリングされます。ビルド プロセスでは、更新されたタイムスタンプが付いたライブラリ ファイルの存在がファイル システム上で確認できるまで、ライブラリ ファイルの実行可能ファイルへのリンクは行われません。

      ビルド プロセスでコンパイル ログに BUILD_SUCCESS が見つからない場合、ビルド プロセスでは更新されたライブラリ アーカイブがファイル システム上で使用可能であると仮定します。必要であれば、ビルド プロセスでライブラリの実行可能ファイルへのリンクが行われます。

  • Tokens expanded by make_rtw セクション — make_rtw が展開するトークンを定義します。matlabroot/toolbox/coder/compile/tmf/ の ERT TMF の代表的な Tokens expanded by make_rtw セクションからの簡潔な抜粋を以下に示します。

    #---------------------- Tokens expanded by make_rtw ----------------------------
    #
    # The following tokens, when wrapped with "|>" and "<|" are expanded by the
    # build procedure.
    #
    #  MODEL_NAME          - Name of the Simulink block diagram
    #  MODEL_MODULES       - Any additional generated source modules
    #  MAKEFILE_NAME       - Name of makefile created from template makefile <model>.mk
    #  MATLAB_ROOT         - Path to where MATLAB is installed.
    ...
    
    MODEL                   = |>MODEL_NAME<|
    MODULES                 = |>MODEL_MODULES<|
    PRODUCT                 = |>PRODUCT<|
    MAKEFILE                = |>MAKEFILE_NAME<|
    MATLAB_ROOT             = |>MATLAB_ROOT<|
    ...

    TMF トークンに関する詳細については、make_rtw によって展開されるテンプレート makefile トークンを参照してください。

  • これ以降のセクションは、コンパイラ、ホストおよびターゲットによって異なります。よく参照されるセクションとしては、Model and reference modelsExternal modeTool Specifications または Tool DefinitionsInclude PathC FlagsAdditional Libraries および Source Files などがあります。

  • Rules セクション — 生成されたソース コードから実行可能ファイルをビルドするときに使用される make のルールが含まれます。ビルド規則は、通常、make のバージョンによって異なります。Rules セクションの後には、Dependencies などの関連するセクションが続く場合があります。

テンプレート makefiles のカスタマイズと作成

はじめに

この節では、カスタム テンプレート makefile (TMF) を設定する機構およびビルド プロセスへの組み込みを説明します。また、TMF および TMF に関連付けられた MATLAB ファイル機構を変更する手法についても説明します。

カスタム TMF を作成する前に、フォルダーおよびファイルの命名規則を読んで、フォルダー構造とカスタム ターゲットの MATLAB パス要件について理解しておいてください。

テンプレート makefile の設定

TMF のカスタマイズまたは TMF の新規作成を行うには、matlabroot/toolbox/coder/compile/tmf から既存の GRT または ERT TMF をコピーします。

関連付けられたシステム ターゲット ファイルと同じフォルダーにコピーを配置します。通常、これは、ターゲット フォルダー構造内の mytarget/mytarget フォルダーです。次に、TMF の名前を変更して (mytarget.tmf など)、ファイルを変更します。

目的の TMF がビルド プロセスで検出および選択されるように、システム ターゲット ファイル ヘッダーに情報を入力しなければなりません (システム ターゲット ファイル構造体を参照してください)。1 つの TMF を実装するターゲットの場合、ビルド プロセスで使用する TMF を指定する標準の方法は、システム ターゲット ファイル ヘッダーの TMF 命令を使用することです。

TMF: mytarget.tmf

テンプレート makefile でのマクロとパターン マッチング式の使用

この節では、例を使って、TMF 内でマクロとファイル パターン マッチング式を使用して model_or_sharedutils.mk でコマンドを生成する方法を説明します。

make ユーティリティは、model_or_sharedutils.mk を処理して、model_or_sharedutils.mk で定義されている依存の規則に基づいてコマンドのセットを生成します。maketest のビルドまたはリビルドのための一連のコマンドを生成した後、make がこれらのコマンドを実行します。

たとえば、test というプログラムをビルドするには、make はオブジェクト ファイルをリンクしなければなりません。しかし、ビルド ファイルが存在しない場合や古い場合は、make はソース コードをコンパイルしなければなりません。したがって、ソースとオブジェクト ファイルの間に依存関係があります。

make は、バージョンごとに機能と規則の定義方法が若干異なります。たとえば、file1.cfile2.c の 2 つのソースから作成される test というプログラムを考えてみます。ほとんどのバージョンの make では、依存の規則は次のようになります。

test: file1.o file2.o
        cc -o test file1.o file2.o

file1.o: file1.c
        cc -c file1.c

file2.o: file2.c
        cc -c file2.c

この例では、UNIX[2] 環境が前提となっています。PC 環境では、ファイル拡張子およびコンパイルとリンクのコマンドが異なります。

最初の規則を処理する場合について説明します。

test: file1.o file2.o

make は、test をビルドするために file1.ofile2.o をビルドする必要があることを認識します。file1.o をビルドするために、make が次の規則を処理します。

file1.o: file1.c

file1.o が存在しない場合、または file1.ofile1.c よりも古い場合、makefile1.c をコンパイルします。

TMF の形式は、上の例と同じです。TMF は、マクロやファイル パターン マッチング式などの make の追加機能を使用します。make のほとんどのバージョンでは、マクロは次のように定義されます。

MACRO_NAME = value

マクロへの参照は、$(MACRO_NAME) で作成されます。make が、この式の形式を認識すると、$(MACRO_NAME)value を置き換えます。

パターン マッチング式を使用して、依存の規則を一般化することができます。たとえば、GNU[3] Make を使用すると、"file1.o: file1.c" と "file2.o: file2.c" の 2 つの規則を 1 つの規則で置き換えることができます。

%.o : %.c
        cc -c $<

前の例における $< は、依存ファイル (file1.c または file2.c) と同等の特殊なマクロです。したがって、マクロと "%" パターン一致文字を使用すると、前の例は次のように短縮されます。

SRCS = file1.c file2.c
OBJS = $(SRCS:.c=.o)

test: $(OBJS)
        cc -o $@ $(OBJS)

%.o : %.c
        cc -c $<

上記の $@ マクロは、現在の依存ターゲット (test) の名前と同等の特殊なマクロです。

この例は、マクロ拡張のテキスト置換機能を使用することによって、ソース (SRCS) のリストからオブジェクト (OBJS) のリストを生成します。ソース ファイルの拡張子 (.c など) がオブジェクト ファイルの拡張子(.o) で置き換えられます。この例は、特殊な "$@" マクロを使用するためにプログラム test のビルド規則を一般化します。

生成済みの makefile を rtwmakecfg によってカスタマイズする

TMF は、生成された makefile に以下の項目を追加するトークンを提供します。

  • ソース フォルダー

  • インクルード フォルダー

  • ランタイム ライブラリ名

  • ランタイム モジュール オブジェクト

S-Function は、rtwmakecfg.m ファイル関数を使用して、この情報を makefile に追加できます。この関数は、デバイス ドライバー ブロックなどの S-Function ブロックを 1 つ以上含むモデルを作成するときに特に便利です。

S-Function に関連する情報を makefile に追加するには、以下の手順に従います。

  1. ファイル rtwmakecfg.m に関数 rtwmakecfg を作成します。コード ジェネレーターは、フォルダーの位置に基づいてこのファイルと S-Function を関連付けます。

  2. 関数 rtwmakecfg によって返される情報のマクロ拡張をサポートするようにターゲットの TMF を変更します。

ビルド プロセスの TLC フェーズの後、TMF から makefile を生成する際に、ビルド プロセスは S-Function コンポーネントを含んでいるフォルダー内で rtwmakecfg.m ファイルを検索します。ファイルが検出された場合、ビルド プロセスは関数 rtwmakecfg を呼び出します。詳細については、生成された makefile を rtwmakecfg.m API を使用してカスタマイズを参照してください。

カスタム ターゲットでの連続時間のサポート

カスタムの ERT ベースのターゲットで連続時間をサポートする場合、ターゲットのテンプレート makefile (TMF) と静的なメイン プログラム モジュール (mytarget_main.c など) を更新しなければなりません。

テンプレート makefile の変更-  次に示すように、NCSTATES トークン拡張を NUMST トークン拡張の後に追加します。

NUMST = |>NUMST<|
NCSTATES = |>NCSTATES<|

さらに、次の例に示すように、NCSTATESCPP_REQ_DEFINES マクロに追加します。

CPP_REQ_DEFINES = -DMODEL=$(MODEL) -DNUMST=$(NUMST) -DNCSTATES=$(NCSTATES) \
-DMAT_FILE=$(MAT_FILE)
-DINTEGER_CODE=$(INTEGER_CODE) \
-DONESTEPFCN=$(ONESTEPFCN) -DTERMFCN=$(TERMFCN) \
-DHAVESTDIO
-DMULTI_INSTANCE_CODE=$(MULTI_INSTANCE_CODE) \

メイン プログラム モジュールの変更-  メイン プログラム モジュールは、シングルレートおよびマルチレート モジュールのサポートされているタスク モードのタスク スケジューリングを管理する静的なメイン関数を定義します。NUMST (モデル内のサンプル時間の数) は、メイン関数がマルチレート コードを呼び出すか、シングルレート コードを呼び出すかを決定します。しかし、モデルが連続時間を使用する場合は、NUMST に直接依存しないでください。

モデルが連続時間をもち、フラグ TID01EQ が真である場合、生成コードでは、連続時間と最速の離散時間の両方が 1 つのレートとして扱われます。最速の離散レートに関連付けられたコードは、メジャー タイム ステップ チェックによって保護されます。モデルのレートが 2 つだけで、TID01EQ が真の場合、生成コードは、シングルレートの呼び出しインターフェイスをもちます。

連続時間をもつモジュールをサポートするには、次に示すように、静的なメイン モジュールを更新して、TID01EQ を考慮に入れます。

  1. ファイル内で NUMST が参照される前に、次のコードを追加します。

    #if defined(TID01EQ) && TID01EQ == 1 && NCSTATES == 0
    #define DISC_NUMST (NUMST - 1)
    #else
    #define DISC_NUMST NUMST
    #endif
  2. ファイル内にある NUMST のインスタンスを DISC_NUMST で置き換えます。

モデル参照の注意事項

コード ジェネレーターのモデル参照機能をサポートするために行う必要のある TMF 変更に関する重要な情報については、モデル参照のサポートを参照してください。

メモ

変数 MODELREFS を使用せずに TMF を使用している場合、そのファイルは Simulink ソフトウェアの以前のリリースで使用されたものかもしれません。TMF がモデル参照をサポートするようにするには、make ファイルに MODELREFS を追加してください。

カスタムのテンプレート makefile を使用して共有ユーティリティ コードを作成するときのタイムアウト エラー

ビルド プロセスがカスタムのテンプレート makefile を使用して共有ユーティリティ コードの makefile を作成している場合、以下のすべての条件に該当すると、タイムアウト エラーが発生します。

  • コンフィギュレーション パラメーター GenCodeOnly'off' になっている。

  • rtwshared.mk に対する make 呼び出し中に BUILD_SUCCESS メッセージが出力される。

  • rtwshared.mk に対する make 呼び出しが最終的な製品を更新しない (通常は rtwshared.lib)。

エラーを回避するには、カスタムのテンプレート makefile を更新して、最終製品が生成される場合にのみ (make 変数 PRODUCT で指定) make 呼び出しで BUILD_SUCCESS メッセージが生成されるようにします。または、ビルド プロセスが生成された makefile を使用しない場合、コンフィギュレーション パラメーター GenerateMakefile'off' に設定して makefile の生成を無効にします。

関連するトピック


[1] UNIX is a registered trademark of The Open Group in the United States and other countries.

[2] UNIX is a registered trademark of The Open Group in the United States and other countries.

[3] GNU is a registered trademark of the Free Software Foundation.