Main Content

カスタムのターゲット

カスタム ターゲットは、MATLAB® 設計および Simulink® 設計をターゲット ハードウェアにデプロイするために作成するソフトウェア パッケージです。パッケージを使用すると、アプリケーションをハードウェアに最適化、プロトタイプ、検証、および展開するためのタスクを実行できます。実行できるタスクを表に示します。

タスク 参照先
特定のプロセッサ向けのコードを生成する。

システム ターゲット ファイルのカスタマイズ

ランタイム環境の構成

プロセッサ固有のコード置換ライブラリを使用して、生成されたコードを最適化する。コード置換
リアルタイム オペレーティング システムとデバイス ドライバーを統合する。

デバイス ドライバー

ターゲット ハードウェアにアプリケーションをビルド、展開、ダウンロード、実行する。

ビルド プロセス

エクスターナル モード シミュレーション中にパラメーターを調整してターゲット アプリケーションの信号を監視する。

XCP 通信を使用したエクスターナル モード シミュレーション

XCP サーバー ソフトウェアのカスタマイズ

プロセッサインザループ (PIL) シミュレーションを通じてコード実行プロファイリングを実行する。

Code Execution Profiling with SIL and PIL (Embedded Coder)

Set Up PIL Connectivity by Using target Package (Embedded Coder)

PIL シミュレーションを実行して、MATLAB コードまたは Simulink モデルと生成されたコードとの間の数値的等価性をテストする。

Set Up PIL Connectivity by Using target Package (Embedded Coder)

Configure and Run PIL Simulation (Embedded Coder)

MathWorks® 参照ターゲットに基づくカスタム ターゲットを作成することもできます。例については、次を参照してください。

関連するトピック