Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink モデルから生成されたコードのビルドに使用するアプローチ

Simulink® モデルから生成するコードのビルド (コンパイルおよびリンク) には、CMake、ツールチェーン、またはテンプレート makefile のアプローチを使用できます。

  • CMake — サードパーティが提供するオープンソースのビルド プロセス管理ツールです。コンフィギュレーション (CMakeLists.txt) ファイルを使用して、makefile、Ninja ファイル、Microsoft® Visual Studio® プロジェクトなど、ネイティブのビルド環境に対応する標準のビルド ファイルを生成します。MATLAB® には CMake 実行可能ファイルが付属しています。Simulink Coder™ と Embedded Coder® では、CMake の 3.12.0 以降のバージョンをサポートしています。

  • ツールチェーン — ビルド プロセスで makefile を生成し、カスタム ツールチェーンをサポートします。MATLAB スクリプトを使用して定義したツールチェーン情報オブジェクトでビルド プロセスを制御できます。

  • テンプレート makefile — ビルド プロセスでテンプレート makefile と指定したツールチェーンを使用します。必要に応じて、ツールチェーン情報オブジェクトでビルド プロセスを制御できます。

次の表は、各アプローチのサポートについてまとめたものです。

機能CMakeツールチェーンテンプレート makefile
関数 codebuildありありあり
Simulink モデル コンフィギュレーション パラメーターなしありあり
Embedded Coder を使用した SIL または PIL シミュレーションなしありあり

詳細:

参考

関連するトピック

外部の Web サイト