最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

時間ベースのスケジューリング

ソルバー、サンプル レートと遷移、タスク、リアルタイム実行

1 つ以上のサンプルレートで実行されるモデルに固定ステップ ソルバーまたは可変ステップ ソルバーを使用します。シングルタスク実行モードとマルチタスク実行モードは固定ステップ ソルバーでのみ利用できます。リアルタイム プログラムはモデル コードをリアル タイムで同期して実行します。

リアル タイムで実行されるコードを生成するには、モデル内のサンプルレート変換を識別して処理します。

トピック

時間ベースのスケジューリングとコード生成

サンプル時間とタスク モードの考慮事項を確認したら、リアルタイム実行の要件を満たすコードを生成します。

モデルのエントリポイント関数用のコード生成の構成

生成されたエントリポイント関数、それぞれのインターフェイスの制御法、そして関数が再利用可能で特定のメモリ領域に在るかどうかについて学習します。

モデルから生成されたコードの実行

ラピッドプロトタイピング用および組み込みシステムのランタイム環境用のシングルタスクおよびマルチタスク モデルから生成されたコードを実行します。

シングルタスク実行のモデル化

モデルの基本サンプル レートを使用して、モデル内のブロックの実行間隔を定義します。

マルチタスク実行のモデル化

異なるサンプルレートを使用するブロックを含めるか、モデルの連続部と離散部に対して異なるサンプルレートを使用します。

レート変換の処理

周期的なサンプルレートの異なるブロック間で変換を処理します。

時間ベースのスケジューリングの構成

生成されたコードの時間ベースのスケジューリングに関連するモデル コンフィギュレーション パラメーターを構成します。

マルチレート マルチタスク環境での S-Function

マルチレートで端子ベースのサンプル時間 S-Function でレートがグループ化されたタスクを処理する方法を説明します

時間ベースのスケジューリング モデル例

時間ベースのスケジューリング シナリオを示すモデル。