Main Content

getDataDefault

データ カテゴリに対する既定のコード設定の取得

    説明

    value = getDataDefault(myCoderDictionaryObj, category, property) は指定されたデータ カテゴリに対して指定されたプロパティのコード マッピングから値を返します。

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get を使用して、データ ディクショナリに関連付けられた CoderDictionary オブジェクトにアクセスします。

    cm = coder.mapping.api.get('codeDefinitions.sldd');

    ディクショナリでのルートレベルの Inport に対するストレージ クラスを表示するには、関数 getDataDefault を使用します。

    value = getDataDefault(cm, 'Inports', 'StorageClass')
    value =
    
        'Default'

    ディクショナリは、Inport に対して既定のストレージ クラスを使用します。

    ストレージ クラスを構成するには、関数 setDataDefault を使用します。

    setDataDefault(cm, 'Inports', 'StorageClass', 'ExportedGlobal')

    Inport のストレージ・クラスが現在 ExportedGlobal に設定されていることを確認するには、関数 getDataDefault を使用します。

    value = getDataDefault(cm, 'Inports', 'StorageClass')
    value =
    
        'ExportedGlobal'

    入力引数

    すべて折りたたむ

    関数 coder.mapping.api.get の呼び出しで返されるコーダー ディクショナリ オブジェクト。

    プロパティ値を返すデータ要素のカテゴリ。

    例: 'Inports'

    値を返すコード マッピング プロパティ。次のいずれかのプロパティ名を指定します。

    返す情報プロパティ名
    ストレージ クラスの名前StorageClass
    生成されたコード内のデータ要素に対する変数名Identifier
    Embedded Coder ディクショナリで定義されたモデルのメモリ セクションの名前を示す文字ベクトルまたは string スカラー。MemorySection

    例: 'Identifier'

    出力引数

    すべて折りたたむ

    指定されたカテゴリのコード マッピング プロパティ値。文字ベクトルとして返されます。

    バージョン履歴

    R2021a で導入