最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

スペクトルの特徴

スペクトルの特徴は、データについての周波数領域のメトリクスを提供します。スペクトルの特徴を計算するには、パワー スペクトルまたは次数スペクトル変数が既になければなりません。

スペクトル

  • Spectrum — 使用できるスペクトル変数から選択します。ソフトウェアは変数のプロットを参照用に取り上げ、そのプロットを対数スケールから線形スケールに変換します。

スペクトル ピーク

  • Peak amplitude — ピークの振幅に基づいて特徴を生成します。

  • Peak frequency — ピークの周波数に基づいて特徴を生成します。

  • Peak value lower threshold — 低振幅ピークを除外するようピークのサイズを制限します。詳細については findpeaks で、MinPeakHeight の名前と値のペアの引数を参照してください。

  • Number of peaks — 特徴を生成するピークの数。ソフトウェアは選択された周波数帯で、降順の振幅順に N 個の最も顕著なピークを選択します。詳細については findpeaks で、NPeaks の名前と値のペアの引数を参照してください。

  • Minimum frequency gap — 最小の周波数ギャップを指定します。2 つのピークの間のギャップがこの指定より少ない場合、ソフトウェアはこのペアのうち小さい方のピークを無視します。詳細については findpeaks で、MinPeakDistance の名前と値のペアの引数を参照してください。

  • Peak excursion tolerance — ピークの最小プロミネンスを指定します。ピークのプロミネンスは、他のピークに対して相対的に、内部的な高さと場所によってどの程度顕著であるかを計測します。詳細については findpeaks で、MinPeakProminence の名前と値のペアの引数を参照してください。

詳細については、findpeaks を参照してください。

モーダル係数

モーダル係数の特徴は周波数応答情報からモーダル パラメーターを抽出します。[Number of peaks] の設定により、返されるモーダル係数の数が決定されます。

  • Natural frequency — 各モードに対応する固有振動数

  • Damping factor — 各モードに対応する減衰定数

詳細については、modalfit を参照してください。

帯域パワー

帯域パワーは、選択された周波数帯域での信号のパワーを表します。これは、選択された帯域制限内のスペクトル曲線の下の領域として定義されます。

すべての特徴のための周波数帯域

スライダーを使用して、スペクトルの特徴が計算される周波数の範囲を設定します。スライダーの設定は、アクティブな領域にシェーディングを行うことにより、スペクトル プロットと相互に作用し、これにより実質的にはデータ カーソルを提供します。スライダーを動かすと、プロットのアクティブな領域のエッジが対応して動きます。

その他の情報

ソフトウェアは計算の結果を新しい特徴に格納します。この新しい特徴名には接尾辞 spec をもつソース信号名が含まれています。