Main Content

plot

共変量残存耐用期間モデルの生存時間関数のプロット

説明

plot(mdl) は、適合された共変量生存モデル mdl のベースラインの生存時間関数を、それが計算されたライフタイム値に対してプロットします。プロット データは、mdlBaselineCumulativeHazard プロパティに保存されます。

plot(mdl,covariates) は、covariates の共変量データに対して計算された生存時間関数をプロットします。生存時間関数を取得するには、共変量を使用してハザード率を計算し、ベースラインの生存時間関数と結合します。

すべて折りたたむ

学習データを読み込みます。

load('covariateData.mat')

このデータには、電池の放電時間や関連する共変量情報が含まれています。共変量変数は以下のとおりです。

  • 温度

  • 負荷

  • 製造元

製造元情報は、符号化する必要があるカテゴリカル変数です。

共変量生存モデルを作成します。

mdl = covariateSurvivalModel;

学習データを使用して、ライフタイム変数、データ変数、符号化された変数を指定し、生存モデルに学習させます。この学習データには打ち切り変数がありません。

fit(mdl,covariateData,"DischargeTime",["Temperature","Load","Manufacturer"],[],"Manufacturer")
Successful convergence: Norm of gradient less than OPTIONS.TolFun

モデルのベースラインの生存時間関数をプロットします。

plot(mdl)

Figure contains an axes object. The axes object with title Survival Function Plot contains an object of type stair. This object represents Baseline Survival Function.

学習データを読み込みます。

load('covariateData.mat')

このデータには、電池の放電時間や関連する共変量情報が含まれています。共変量変数は以下のとおりです。

  • 温度

  • 負荷

  • 製造元

製造元情報は、符号化する必要があるカテゴリカル変数です。

共変量生存モデルを作成し、学習データを使用して学習させます。

mdl = covariateSurvivalModel('LifeTimeVariable',"DischargeTime",'LifeTimeUnit',"hours",...
   'DataVariables',["Temperature","Load","Manufacturer"],'EncodedVariables',"Manufacturer");
fit(mdl,covariateData)
Successful convergence: Norm of gradient less than OPTIONS.TolFun

たとえば、製造元が B 社で、30 時間稼働したバッテリー パックがあるとします。使用時間 DischargeTime、測定された周囲温度 TestAmbientTemperature、電流 TestBatteryLoad を含むテスト データ table を作成します。

TestBatteryLoad = 25;
TestAmbientTemperature = 60; 
DischargeTime = hours(30);
TestData = timetable(TestAmbientTemperature,TestBatteryLoad,"B",'RowTimes',hours(30));
TestData.Properties.VariableNames = {'Temperature','Load','Manufacturer'};
TestData.Properties.DimensionNames{1} = 'DischargeTime';

バッテリーの RUL を予測します。

estRUL = predictRUL(mdl,TestData)
estRUL = duration
   38.332 hr

バッテリーの共変量データの生存時間関数をプロットします。

plot(mdl,TestData)

Figure contains an axes object. The axes object with title Survival Function Plot contains 2 objects of type stair. These objects represent Baseline Survival Function, Current Survival Function.

入力引数

すべて折りたたむ

共変量生存 RUL モデル。covariateSurvivalModel オブジェクトとして指定します。

plot は、2 列配列である mdlBaselineCumulativeHazard プロパティにデータをプロットします。2 列目にはベースラインの生存時間関数の値が含まれ、1 列目には対応するライフタイム値が含まれます。ライフタイム値は、mdlLifeTimeUnits プロパティで指定された単位でプロットされます。

コンポーネントの現在の共変量値。以下として指定します。

  • コンポーネントの共変量値のみを指定し、ライフタイム値を指定しない行ベクトル。共変量値の数は、fit を用いて mdl を推定する際に使用する共変量データ列の数と順序に一致させる必要があります。

  • 1 行の table または 1 行の timetable。table には、mdlDataVariables プロパティで指定された変数を含める必要があります。

共変量データに符号化された変数が含まれる場合は、table または timetable を使用して covariates を指定する必要があります。

生存時間関数を取得するには、共変量を使用してハザード率を計算し、ベースラインの生存時間関数と結合します。詳細については、コックス比例ハザード モデルを参照してください。

バージョン履歴

R2018a で導入