Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ThreadPool

ローカル マシン上のスレッド ワーカーの並列プール

説明

ローカル マシン上にスレッド ワーカーの並列プールを作成するには、parpool を使用します。プールを作成すると、parforparfeval などの並列プール機能がワーカーで実行されます。ThreadPool オブジェクトを使用して、並列プールを操作できます。

作成

関数 parpool を使用して、ローカル マシン上にスレッド ワーカーの並列プールを作成します。

pool = parpool("threads")

プロパティ

すべて展開する

このプロパティは読み取り専用です。

並列プールを構成するスレッド ワーカーの数。整数として指定します。

オブジェクト関数

delete並列プールのシャットダウン
parfeval並列プール ワーカーでの関数の非同期実行
parfevalOnAll並列プールのすべてのワーカーで関数を非同期実行

プロセス ワーカーとの互換性のために、以下のオブジェクト関数もサポートされています。スレッド ワーカーのプールにはデータおよびファイルの転送が不要のため、これらを使用する必要はありません。

addAttachedFiles並列プールへのファイルやフォルダーの付加
listAutoAttachedFilesジョブ、タスクまたは並列プールに自動的に付加されるファイルのリスト
ticBytes並列プール内で転送されたバイト数のカウントを開始する
tocBytesticBytes の呼び出し後に転送されたバイト数を読み取る
updateAttachedFiles並列プールでの付加ファイルまたはフォルダーの更新
R2020a で導入